無理な納期で発注された場合の対応法~不当な値引きに対する対抗策~

企業法務に強い弁護士に今すぐ相談 受付時間 9:00 〜 19:00(平日)
閉じる
クレーム対応について

無理な納期で発注された場合の対応法~不当な値引きに対する対抗策~

2011年06月23日

今回は納期のトラブルについてお話ししたいと思います。

 

当然のことですが、納期を決めて発注をされた場合、納期を守らなければなりません。これが大原則です。

 

納期から遅れると、債務不履行責任という責任が発生し、納期を遅れたことにより納品先が被った損害の賠償請求を受ける可能性があります。

 

逆にいえば、発注元が納期を決めて発注をしてきた場合に、その納期に間に合わせることができないと予想できる場合は、発注を断らなければなりません。

 

しかし、現実にはどう考えても無理な短納期で発注され、しかもこれまでの発注先からの関係から発注を断ることができないということが多々あると思われます。

 

一生懸命頑張っていたもののやっぱり間に合わず、納期に遅れてしまったとします。この場合に発注先から納期遅れを理由とする代金減額の主張があれば、応じなければならないのでしょうか。

 

この場合に使えるのが、公正取引委員会が出している「下請代金支払遅延等防止法に関する運用基準」です。

これは「下請代金支払代金遅延等防止法」(通称、「下請法」)の運用基準として公正取引委員会が発表しているものです。

 

ここには、「納期が下請け事業者の事情を考慮しないで一方的に決められた場合」には発注先は納期遅れを主張できない旨の運用基準が記載されています。

 

不当な値引き要求は下請法違反となり、違反者は企業名を公表されるなどのペナルティーを受けます。

 

上記の基準は下請法が適用される2社間にのみ適用されるものですが、下請法はかなり広範な受発注に適用されます。

▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

○ 不当な値引き、購入強制などの下請トラブルの解決法 http://kigyobengo.com/blog/256 

○ 下請法の書面調査について http://kigyobengo.com/blog/176 

○ クレームでお困りの方はこちらから http://kigyobengo.com/complaint

○ ご相談はこちらから http://kigyobengo.com/contact

○ ブログの一覧はこちらから http://kigyobengo.com/blog

 

ご相談はhttp://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、http://kigyobengo.com/adviser.htmlからお申し込みください。

なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

http://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

顧問実績140社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数6
今月のお問い合わせ件数63

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会