契約書を作るときの合意管轄条項の書き方の注意点

企業法務に強い弁護士に今すぐ相談 受付時間 9:00 〜 19:00(平日)
閉じる
契約書について

契約書を作るときの合意管轄条項の書き方の注意点

2011年06月24日

 多くの契約書で最後の条項として記載されることが多いのが、「合意管轄」に関する規定です。

 この規定が意外に重要だということは以前このブログでも書きました。

 

 「あれ?読んでないぞ」という方は http://kigyobengo.com/blog/contract/314  をご一読ください。

 

 この規定は万一、取引がトラブルになって裁判になってしまった場合に、どこの裁判所で審理をするかということを決めるものです。


 合意管轄を遠方の裁判所に決めてしまうと、裁判の出廷のために多大な労力をとられたり、弁護士の出張費が多額になったりという支障が出てしまい、実際上裁判自体を断念せざるを得ないケースも出てしまいます。

 

 ですので特に遠方の取引先と契約する場合、「合意管轄」を御社の近くの裁判所にしておくことは大変重要なことです。


 たとえば、大阪の会社であれば、大阪地方裁判所で合意管轄しておくのがベストです。

 

 ただ、大阪地方裁判所で合意管轄するというときに、単に「甲および乙は本契約に関し裁判上の紛争が生じたときは、大阪地方裁判所を第1審の管轄裁判所とすることに合意する」と書くのはお勧めではありません。

 

 このような定め方では、この規定が、「法律で管轄が認められる裁判所のほかに大阪地方裁判所にも訴えることができる」という趣旨なのか、「大阪地方裁判所にのみ訴えることができる」という趣旨なのかが明確でないからです。

 

 もちろん、御社が大阪の会社なら大阪地方裁判所にのみ訴えることができると定めたほうが有利です。


 そのためには、「甲および乙は本契約に関し裁判上の紛争が生じたときは、大阪地方裁判所を第1審の専属的
合意管轄裁判所とすることに合意する」としておくのがお勧めです。

 

 この「専属的」というのは「大阪地方裁判所しかダメですよ。ほかの裁判所は法律でOKになっていても、この契約に関してはダメです」という意味です。

 

 また、契約書の内容が取引の基本となる基本契約書であり、具体的な取引をするときは別途個別に契約が締結されるようなケースでは、「本契約に関し裁判上の紛争が生じたときは」とするところを「本契約および本契約に基づく個別契約に関し裁判上の紛争が生じたときは」としておく必要があります。


このように合意管轄の規定は、実際上重要な影響がでてくる可能性がある規定ですので、細心の注意を払われることをお勧めします。

▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

○ 契約トラブルを解決できる契約書の作り方① http://kigyobengo.com/blog/172

○ 契約トラブルを回避できる契約書の作り方② http://kigyobengo.com/blog/174

○ 取引基本契約書を作成する際の注意点 http://kigyobengo.com/blog/contract/314

○ クレームでお困りの方はこちらから http://kigyobengo.com/http://kigyobengo.com/complaint

○ ご相談はこちらから http://kigyobengo.com/contact

○ ブログの一覧はこちらから http://kigyobengo.com/blog

 

 

ご相談はhttp://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、http://kigyobengo.com/adviser.htmlからお申し込みください。

なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

http://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

 

 

顧問実績140社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数0
今月のお問い合わせ件数81

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会