街並みや屋外の看板等を写真撮影する場合の注意点(著作権・商標権について)

企業法務に強い弁護士に今すぐ相談 受付時間 9:00 〜 19:00(平日)
閉じる
IT・著作権について

街並みや屋外の看板等を写真撮影する場合の注意点(著作権・商標権について)

2011年07月25日

今回は、屋外で撮影した街並みの写真や屋外に設置されている看板、ポスターなどの写真をホームページにアップする場合の問題点についてお話したいと思います。

屋外で撮影した写真を利用することが許されるかどうかについては、

1 その写真が著作権を侵害していないか

2 その写真が商標権を侵害していないか

の2点をクリアできるかどうかという観点から考えることが必要です。

 

この点、著作権については、結論からいえば、問題がない場合がほとんどです。

看板やポスターには著作権がある場合がありますが、そのような場合でも、一般に開放されている屋外の場所や、建物の外壁等に常時設置されているものについては自由に利用することができます。

このことは著作権法45条2項、46条に定められています。

看板やポスターの著作権者も屋外にそれを設置した以上、ある程度他人に利用されることを了解していると考えられます。そのため、法律は屋外に常時設置されている著作物については自由な利用をしていいとしているのです。

 

ただし、上記の自由な利用にはいくつか例外があります。

たとえば、著作権のある看板やポスターを撮影した写真を販売することなどを目的として写真撮影するようなことは許されません。

 

次に、商標権の点です。

 

看板やポスターあるいは街並みの写真に、第三者のロゴマークや社名が映し出される場合は、これらが商標登録されていることがありますので、商標権を侵害することにならないか注意する必要があります。

 

しかし、これも結論から言えば、問題がない場合がほとんどです。

 

第三者のロゴマークや社名が写真に写りこんだとしても、「商標としての使用」をしない限り、商標権侵害にはなりません。

「商標としての使用」とはこの写真を自分の商品やサービスをPRするために使用するような場合を指します。

基本的にはそのような利用方法は想定されていないと思いますので、商標権の観点からも問題がない場合がほとんどなのです。

▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

○ 写真撮影、映像撮影の際の著作物の写り込みについて http://kigyobengo.com/blog/232

○ 他社の商標と類似する商標を登録する場合の注意点 http://kigyobengo.com/blog/it/1344

○ インターネット上のトラブルでお困りの方はこちらから http://kigyobengo.com/internet

○ ご相談はこちらから http://kigyobengo.com/contact

○ ブログの一覧はこちらから http://kigyobengo.com/blog

 

 

 

ご相談はhttp://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、http://kigyobengo.com/adviser.htmlからお申し込みください。

なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

http://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

顧問実績140社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数0
今月のお問い合わせ件数90

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会