インターネット上で誹謗中傷や名誉毀損がある場合の削除要請の進め方

企業法務に強い弁護士に今すぐ相談 受付時間 9:00 〜 19:00(平日)
閉じる
IT・著作権について

インターネット上で誹謗中傷や名誉毀損がある場合の削除要請の進め方

2011年11月15日

インターネットでの誹謗中傷、名誉毀損についての相談が増えています。

たとえば、会社を誹謗中傷したり、会社の信用を損なわせるような書き込みがされた場合、どのような対処法があるのでしょうか。

このようなケースでサーバの管理者やプロバイダがわかる場合には、サーバの管理者やプロバイダに連絡して、問題の書き込みの削除を求めることができます。

このことはきちんと法律で定められており、サーバの管理者やプロバイダに連絡して、問題のある書き込みの削除を求めることは、法律上「送信防止措置の申出」などとよばれます。

では、この「送信防止措置の申出」があれば、サーバの管理者やプロバイダは簡単に問題のある書き込みを削除できるかというとそうではありません。 サーバの管理者やプロバイダの立場からすれば、削除することによって、逆に削除された書き込みをした人から訴えられるリスクがあり、それとの間で板挟み状態になります。

ただし、法律上、サーバの管理者やプロバイダから、問題の書き込みをした人に対して、削除要請についての意見を求め、それに対して7日以内に書き込みをした人から、「削除要請に同意しない」という内容の連絡がなかったときは、サーバの管理者やプロバイダは書き込みを削除しても削除された書き込みをした人に対する法律上の責任を負担しなくてよいというルールになっています。

ですので、自社を不当に誹謗中傷するような書き込みをネット上で発見された場合は、まずはサーバの管理者やプロバイダに連絡して、削除を求めることが大切です その場合に、サーバの管理者やプロバイダは書き込みをした人に対して削除についての意見を求めますが、これに対して返事がない場合は、削除することができることになっています。

まずはこの方法を試してみることになります。

具体的な手順や書類の書き方でお困りの方はぜひ弊事務所にご相談ください。

また、顧問契約をご希望の経営者の方の面談も随時行っておりますので、http://kigyobengo.com/contact.htmlからお申し込みください。

なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。http://kigyobengo.com/mailmagazin  にメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

 

 

顧問実績140社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数5
今月のお問い合わせ件数90

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会