重要!就業規則のない会社が従業員と裁判になったときに困ることとは?
閉じる
労務問題について

重要!就業規則のない会社が従業員と裁判になったときに困ることとは?

2011年04月05日

 就業規則を作っていない会社というのは多いと思います。

 

 しかし、就業規則を作っていないといざトラブルになったときに、困ることがいろいろ出てきます。

 

 その1つが従業員を解雇しなければならなくなった時です。

 

 いま、解雇された従業員が不当解雇だとして会社を訴える訴訟が激増しています。

 

 このように会社が不当解雇で訴えられると、裁判所から会社に対し「就業規則を証拠として提出して下さい」と指示されます。

 

 なぜそのような指示がされるかというと、「どういう場合に解雇する」ということは、法律上就業規則に書いておかなければならないとされているからです。

 解雇ができる場合がどんな場合かということは就業規則に書いてるはずだから、今回の解雇が就業規則に記載がある「解雇ができる場合」にあたるのかどうかをチェックしていく、というのが裁判所の考え方です。

 就業規則に書いてある「解雇ができる場合」以外は解雇はできないと考える裁判官も多くいます。

 

 だから、裁判所は「就業規則を提出してください」と言ってくるわけですが、このときに「いえ、就業規則は作っていません」ということは、大変、分が悪いのです。

 

 労働関係の裁判は急増しており、いつ自社でそのようなトラブルが発生しても不思議ではありません。

 

 なお、そもそも、就業規則を作成する義務は「常時10人以上の労働者を使用する使用者」に課されていますので、従業員が10人未満であれば、就業規則を作成しないくてもそのこと自体は法律的に非難されることはありません。

 しかし、そのような会社であっても従業員に対する解雇や懲戒の事由を明確にする意味で、就業規則を作っておくことをお勧めします。

 

顧問実績140社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数5
今月のお問い合わせ件数72

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET