売掛金の支払いが遅れてきたら、まず債権残高の確認が必要!

企業法務に強い弁護士に今すぐ相談 受付時間 9:00 〜 19:00(平日)
閉じる
その他

売掛金の支払いが遅れてきたら、まず債権残高の確認が必要!

2011年08月01日

 取引先からの売掛金の支払いが遅れてきたら、御社では何をされていますか?

取引先からの入金が遅れた場合、まず第1番にするべきことは、入金が遅れた事情を取引先に尋ねるとともに「債権残高」を確認する書類をもらっておくことです。

具体的には、「○年○月○日時点で御社に対する未払売掛金の残高は金○○○円であることを確認します。」という文書を取引先からもらっておくことです。

なぜこのような文書が必要なのでしょうか?

その理由は2つあります。

まず1つは取引先がいよいよ支払えないといったときに、債権回収行為に入ろうとすると、債権額を証明する証拠が必要になってきます。

債権回収行為には大きく分けて

①相手の了解を得てする方法と、

②相手の了解が得れない場合に裁判所の手続きを利用して強制的に債権回収に入る方法

があります。

特に裁判所の手続きを利用する方法は相手の了解を得なくても債権回収を進めていける点でメリットがあります。

しかし、この場合には債権残高がいくらであるということの証拠を裁判所に出すことが必須になるのです。

ところが、1回ごとの発注、納品について契約書を作成している会社は多くありません。

 そうするといざ債権回収行為に入ろうとするときに、「未払の債権残高がいくらである」ということの証拠がなにもなくなってしまいます。

そのため、「未払の債権残高がいくらだ」ということを取引先のとの間で確認し文書で残しておく必要があるのです。

もうひとつの理由は、遅れている売掛金について最初はこちらが主張する債権残高を認めていても、いよいよ支払えないとなってくると製品にいいがかり的にクレームをつけるなどして支払を免れようとするケースが多々見られます。

このような不当なクレームをあらかじめ排除するためにも、支払が遅れたらすぐに債権残高に関する書類をもらっておく必要があるのです。

具体的な債権回収の方法についてもまた書いていこうと思います。

まずは「債権残高」を書面で確認しておくことが大ですので、いざというときに役立てていただければお思います。

 書式はこちらです→残高確認書

▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

○ 不当な値引き、購入強制などの下請トラブルの解決法 http://kigyobengo.com/blog/256

○ インターネット上のトラブルでお困りの方はこちらから http://kigyobengo.com/internet

○ ご相談はこちらから http://kigyobengo.com/contact

 

ご相談はhttp://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、http://kigyobengo.com/adviser.html からお申し込みください。

なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

http://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

 

 

顧問実績140社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数6
今月のお問い合わせ件数78

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET