実践で使える!経営者向け
企業法務お役立ち情報 労働・労務

タグ

全39件中 1〜10件目を表示

定年後再雇用社員・嘱託社員の労働条件のルールと注意点

高齢化社会が加速するにつれて、身近なところでも「定年後の再雇用」や「嘱託社員」というような言葉をよく聞く機会が増えてきた経営者の方も多いのではないでしょうか。 平成25年4月に「高齢者雇用安定法」が改正され、企業には原則…

休職期間満了を理由に従業員を退職扱いあるいは解雇する時に絶対におさえておくべき注意点

「休職期間満了の際に起こるトラブルとは?」 従業員が病気やけがなどの理由で休職をすることがあると思います。この「休職」においても、休職中の従業員の休職期間が満了し、従業員を退職扱いあるいは解雇する場面で、企業としての対応…

パワハラによる会社の賠償責任や対策方法、加害者への懲戒処分の注意点

都道府県労働局が実施している総合労働相談で、相談件数のトップを占めているのが、「いじめ・嫌がらせ」といった、いわゆる「パワハラ(パワーハラスメント)」に関する相談です。 パワハラの相談件数は毎年増加し、平成26年度は全国…

セクハラ加害者への正しい懲戒方法

社内でセクハラ(セクシャルハラスメント)が起こった場合、企業は、加害者に対してどのような懲戒処分を行えばよいのでしょうか? 男女雇用機会均等法に基づき厚生労働省が定めた指針では、企業がセクハラの加害者に対しては必要な懲戒…

労働審判制度について

今回は、「不当解雇トラブル」や、「未払い残業代トラブル」を解決する制度として毎年「約3500件」もの申立てがある「労働審判制度」についてご説明したいと思います。 労働審判制度は、「第1回期日で、概ね、解決案の内容が決まる…

36協定の締結に関する基本ルールと締結方法

「違法残業トラブル」や「サービス残業トラブル」がニュースで取り上げられることが増えてきました。最近では、「電通の過労自殺のニュース」でも長時間労働に関する問題が話題になっています。 そんな過重労働に対する法律上の規制の1…

正社員の雇用契約書の作成方法

厚生労働省の統計によると、全国の労働局が実施している総合労働相談では、毎年、正社員から「9万件」を超える「労務トラブルの相談」があります。 そして、相談の中には、「雇用条件に関するトラブル」や、「転勤や異動に関するトラブ…

育児介護休業法、雇用機会均等法改正に伴う就業規則改訂の重要ポイント

育児介護休業法と男女雇用機会均等法が改正され、2017年1月1日から施行されます。 介護や育児の制度の変更があり、就業規則を制定している全ての企業において、就業規則の改訂等の対応が必要です。今回は、育児介護休業法、雇用機…

企業が従業員に職種変更を命じる際に必ずおさえておくべ注意点

「就業規則に異動に関する規定があれば、従業員に対して自由に職種変更を命じることができる」と思っていませんか? 従業員に対する職種変更の命令には一定の制約があり、制約を超えて職種変更を命じてしまうと、裁判で敗訴し、多額の支…

従業員から未払い残業代を請求された場合に会社が検討すべき反論とは?

会社経営をして従業員を雇用している場合、よくあるトラブルの1つが「未払い残業代トラブル」です。実際に咲くやこの花法律事務所でも、労務・労働問題の相談の中で多いトラブルの1つが「残業代トラブル」です。 会社の未払い残業代に…