池内弁護士が労使トラブル解決に関するセミナーを開催しました。
閉じる
講演・セミナー

池内弁護士が労使トラブル解決に関するセミナーを開催しました。

2016年07月22日

労使トラブルは、対応を間違えると裁判にまで発展することがあります。 本セミナーでは、業界団体からの依頼で、経営者の皆様から良くご相談いただく労使トラブルについて、解決のポイントを分かりすく解説しました。 講演内容は下記の通りです。

 

講演内容のテーマ

「10の設例で学ぶ労使トラブル解決のための法律知識」について

 

講演内容の目次

1,良い人だと思って採用したのに見込みが無い。
(東京地裁平成27年 9月30日判決、東京地裁平成25年 3月29日判決の事例)

2,経歴詐称が判明したので、解雇したい。
(職歴、学歴、犯罪歴について)

3,病気がちで長期間休職する。
(主治医が「復職可」と判断している場合の対応、リハビリ出勤を認める場合の注意点、休職期間満了により解雇する場合の注意点など)

4,協調性に問題がある社員がいるので、辞めてもらいたい。
(大阪地裁平成 4年 9月 8日判決横浜地裁平成 3年 3月12日判決の事例)

5,上司や会社の悪口を言う従業員が許せない。
(東京地裁平成15年 9月22日判決、大阪地裁平成14年11月29日判決の事例)

6,勤務成績が不良なのに、改善がみられない。
(東京地裁平成11年10月15日判決、大阪地裁平成 3年11月29日判決の事例など)

7,基本給・賞与の減額に応じない。
(基本給と賞与の違い、賃金規定文例など)

8,残業代を請求されてしまった。
(残業代を請求された場合の会社側から反論、固定残業代を導入する場合の注意点など)

9,セクハラやパワハラをされたという申告があった。
(東京高裁平成17年4月20日判決など)

10、労働組合が結成され、団体交渉が申し入れられた。
(団体交渉の日時場所、団体交渉での暴言に対する対応など)

 

当日は多数の方にご参加いただきまして、ありがとうございました。

 

顧問実績140社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数5
今月のお問い合わせ件数72

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET