業務上のミスについて従業員に対して損害賠償請求する場合の問題点
閉じる
企業向け法律講座ブログ

業務上のミスについて従業員に対して損害賠償請求する場合の問題点

2013年11月06日

従業員が仕事でミスをして会社に損害が発生した場合、会社は被った損害を従業員に請求できるでしょうか。

今回はこの問題について解説したいと思います。

 

 

この問題に関する裁判例として平成23年10月31日の「エーディーディー事件」を紹介します。

X会社は、コンピューターシステム及びプログラムの企画・設計・受託等を業務としており、取引先から販売管理システムの改良業務を受託していました。

従業員Yは、この改良業務を担当するチームの責任者の地位にありました。

この業務にあたっては、納品されたシステムに不具合が見つかり、取引先から指摘を受けて修正、しかしまた不具合が見つかる、ということが相次ぎました。

不具合の原因は、主にY自身やチームメンバーによるミスでした。このようなミスが続いたため、取引先はX会社との取引を徐々に減らし、結果X会社の売り上げが減少しました。

X会社はこの売上減少はYの職務怠慢によるものとして、Yに対して2000万円を超える損害賠償を請求しました。

 

 

結論から言えば、裁判所はX会社の請求を認めず、従業員Yは売上減少分を賠償する必要はないと判断しました。

裁判所は、会社の従業員に対する請求を認めない理由として、従業員のミスが原因となって顧客を失ったとしても、そのようなことは「取引関係にある企業同士で通常に有り得るトラブルなのであって,それを労働者個人に負担させることは相当ではない」としています。

 

 

この判決は妥当であり、取引関係で起こる一般的なトラブルについて発生した損害を従業員個人に請求するのは筋違いであると言わざるを得ません。

業務上のミスで受注を逃した、営業の目標が達成できなかった、納品前の検査が不十分で不良品を納品してしまった、などというトラブルは、いずれもこの範疇に入ります。

一方で、従業員が会社の車両で交通事故を起こして車両が破損した、従業員が振込先を間違えて会社に損害を与えたというようなケースは、過失であっても従業員に損害の賠償を求めることができることがあります。

▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

 ○ 従業員の横領行為と証拠の収集について https://kigyobengo.com/blog/2878

○ ノルマを達成できない営業社員を解雇する前に考えること https://kigyobengo.com/blog/2656

○ ブログの一覧はこちらから  https://kigyobengo.com/blog

 

ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、https://kigyobengo.com/contactからお申し込みください。

なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

 

顧問実績170社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数4
今月のお問い合わせ件数48

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET