部下に対する監督責任を理由に懲戒処分をする場合の注意点
企業向け法律講座ブログ

部下に対する監督責任を理由に懲戒処分をする場合の注意点

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 2013年11月07日

    社内で不祥事が判明したとき,セクハラなどの不祥事を起こした者に対して厳しい対応をするのは当然です。

    ただ部下が不祥事を起こしたことを理由に上司に対して懲戒処分するかどうかは,慎重に考えなければいけません。

     

     

    新潟地方裁判所平成22年11月11日判決は、五泉市税務課職員が外出勤務中にセクハラをしたことに関連して、その課の課長補佐であった者を部下に対する監督不十分を理由に戒告処分にした事件です。

    裁判所は、この課長補佐について、部下の監督が不十分であるとは言えず、課長補佐の権限・立場からセクハラ事件を防ぐことは難しかったとして、戒告処分を無効と判断しました。

     

     

    会社において部下に対する監督責任が問題になることはよくありますが、監督不十分を懲戒処分の対象とする場合は、慎重な判断が必要です。

    懲戒処分とすると、本件の戒告のように特に経済的な不利益がない処分であったとしても、従業員が撤回を要求して裁判を起こしたり、労働組合に加入して団体交渉を申し込んでくることがあります。

    会社として必要な戒告処分はするべきですが、その判断にあたっては、従業員から撤回を要求された場合に裁判所で戒告処分が有効であると判断してもらえるかどうかを常に念頭に置く必要があります。

     

     

    本件では、セクハラを受けた被害者が上司に対して相談できる環境をつくっていなかったということが、課長補佐に対する戒告処分の主な理由とされています。

    たしかに、いつでも相談できる環境を作ることは上司の責任範囲のひとつですが、このような抽象的な理由で戒告処分をするのは法的には困難です。

     

     

    相談できる環境を作ることができるように指導し、場合によってはその達成の程度を人事考課の対象とすることはできますが、戒告処分については、具体的な本人の落ち度がなければ、無効とされてしまいます。

    部下に対する監督不十分を理由に上司を懲戒する場合は、具体的に上司がどのように行動していれば問題を防げたのかを検討する必要があります。

     

     

    その答えが出ないときは、部下本人に対する懲戒処分はともかく、その上司に対する懲戒処分は控えるべきです。

     ▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

    ○ 業務上のミスについて従業員に対して損害賠償請求する場合の問題点 https://kigyobengo.com/blog/2907

    ○ 従業員が飲酒運転で逮捕されたら… https://kigyobengo.com/blog/444

    ○ ブログの一覧はこちらから  https://kigyobengo.com/blog

     

     

    ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

    顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、

    https://kigyobengo.com/contactからお申し込みください。

    なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

    https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

     

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

    企業法務の取扱い分野一覧

    お問い合わせ状況

    昨日のお問い合わせ件数3
    今月のお問い合わせ件数62

    企業法務に強い弁護士紹介

    西川 暢春 代表弁護士
    西川 暢春(にしかわ のぶはる)
    大阪弁護士会、近畿税理士会/
    東京大学法学部卒
    小田 学洋 弁護士
    小田 学洋(おだ たかひろ)
    大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
    池内 康裕 弁護士
    池内 康裕(いけうち やすひろ)
    大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
    片山 琢也 弁護士
    片山 琢也(かたやま たくや)
    大阪弁護士会/京都大学法学部
    堀野 健一 弁護士
    堀野 健一(ほりの けんいち)
    大阪弁護士会/大阪大学
    荒武 宏明 弁護士
    荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
    大阪弁護士会/大阪大学文学部
    渕山 剛行 弁護士
    渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
    大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
    弁護士紹介一覧へ

    メディア掲載情報

    メディア掲載情報/フジサンケイビジネスアイ 「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
    メディア掲載情報一覧へ

    書籍出版情報

    「働き方改革」いよいよスタート!企業がやるべき〈直前〉実務対応

    著者:弁護士 池内 康裕
    発売日:2019年03月05日
    出版社:清文社
    ページ数:52ページ
    価格:400円

    書籍出版情報一覧へ

    運営サイト

    中小企業や士業(社労士・税理士)のための労務セミナー情報サイト
    弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube

    弁護士会サイト

    大阪弁護士会
    企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET遠方の方のご相談方法