従業員同士の喧嘩と会社の責任について
企業向け法律講座ブログ

従業員同士の喧嘩と会社の責任について

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 2013年11月15日

    従業員同士のけんかで怪我をした従業員について、会社は責任を負うことになるのでしょうか。

     

     

    この点について、参考となるのが、大阪地方裁判所の平成23年9月5日判決「ヤマダ電機・アデコ事件」です。

    本件は、ヤマダ電機の従業員とヤマダ電機の店舗に派遣されていた派遣社員の間で喧嘩が発生し、頭を殴られた派遣社員が、その怪我による損害の賠償をヤマダ電機などに求めた事件です。

    裁判所は、喧嘩が発生したのが勤務時間外であったこと、喧嘩が発生した場所もヤマダ電機の店舗内とはいえ、地下1階の勤怠打刻機の前であり、勤務場所とはいえなかったことなどを理由に、ヤマダ電機の責任を認めませんでした。

     

     

     

    従業員同士の喧嘩が発生した場合、会社としてはどのような点に注意しなければならないのでしょうか。

     

    ① まず、会社で暴力が発生したのに、何もせずに放っておくということがないようにしなければなりません。

    暴力が発生したときは、会社として必要な処分をして、会社はいかなる理由があっても暴力を許さないという態度を従業員全員に明確に示すことが必要です。

    小さな暴力についても会社の姿勢を明確にすることで、大きな問題を発生する前に予防することが一番重要です。

     

     

    ② 具体的には、まず、喧嘩の当事者を1人ずつ呼んで、喧嘩が発生した経緯や喧嘩の内容、喧嘩後の経緯などの聴き取りをすることが必要です。

    2人の言い分が食い違う場合は、喧嘩を目撃した人がいないか、日頃の2人の関係がどうだったかを同僚にも聴き取り調査する必要があります。

    その上で、聴き取り調査の結果を踏まえ、弁護士と相談の上必要な処分を検討します。

    喧嘩については、どちらかが一方的に悪いとは言えない場合もあります。

    そのような場合は、懲戒処分をするのではなく、個別に呼び出して反省を促し始末書を提出させる、朝礼で話をして会社としてこのような喧嘩を許さないということをみんなの前で話す、朝礼の際に喧嘩した当事者にみんなの前で謝罪させるという対応をとるのがよいです。

     

     

    ③ 喧嘩した2人は、今後一緒に業務には就かせないことも検討する必要があります。

     

     

    ④ 今回の判決は勤務時間外だったため、会社の責任は認められませんでした。

    しかし、勤務時間内の喧嘩による怪我については、怪我をした従業員から会社に対して損害賠償請求をすれば、通常会社にも損害賠償責任があるとされてしまいます。

     

     

    こういったリスクに備えるため、使用者賠償責任保険に加入しておくことをお勧めします。

     従業員間の喧嘩などのトラブルでお困りの方はぜひ咲くやこの花法律事務所にご相談ください。一緒にトラブルを解決して、より良い会社を作っていきましょう。

    ▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

    ○ 自宅待機期間中の賃金について https://kigyobengo.com/blog/labor/1247

    ○ 部下に対する監督責任を理由に懲戒処分をする場合の注意点 https://kigyobengo.com/blog/2923

    ○ 労働問題でお困りの方はこちら http://roumubengo.com/

    ○ ご相談はこちらから https://kigyobengo.com/contact

    ○ ブログの一覧はこちらから https://kigyobengo.com/blog

     

    ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

    顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、

    https://kigyobengo.com/adviser.htmlからお申し込みください。

    なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

    https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

     

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

    企業法務の取扱い分野一覧

    お問い合わせ状況

    昨日のお問い合わせ件数5
    今月のお問い合わせ件数66

    企業法務に強い弁護士紹介

    西川 暢春 代表弁護士
    西川 暢春(にしかわ のぶはる)
    大阪弁護士会、近畿税理士会/
    東京大学法学部卒
    小田 学洋 弁護士
    小田 学洋(おだ たかひろ)
    大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
    池内 康裕 弁護士
    池内 康裕(いけうち やすひろ)
    大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
    片山 琢也 弁護士
    片山 琢也(かたやま たくや)
    大阪弁護士会/京都大学法学部
    堀野 健一 弁護士
    堀野 健一(ほりの けんいち)
    大阪弁護士会/大阪大学
    荒武 宏明 弁護士
    荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
    大阪弁護士会/大阪大学文学部
    渕山 剛行 弁護士
    渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
    大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
    弁護士紹介一覧へ

    メディア掲載情報

    メディア掲載情報/フジサンケイビジネスアイ 「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
    メディア掲載情報一覧へ

    書籍出版情報

    「働き方改革」いよいよスタート!企業がやるべき〈直前〉実務対応

    著者:弁護士 池内 康裕
    発売日:2019年03月05日
    出版社:清文社
    ページ数:52ページ
    価格:400円

    書籍出版情報一覧へ

    運営サイト

    中小企業や士業(社労士・税理士)のための労務セミナー情報サイト
    弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube

    弁護士会サイト

    大阪弁護士会
    企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET遠方の方のご相談方法