会社が新卒者の内定を取り消す際の注意点
閉じる
企業向け法律講座ブログ

会社が新卒者の内定を取り消す際の注意点

2014年04月24日

新卒採用を行っている会社では、就職の前に内定を出すのが普通です。

ところが、内定を出した後の業績の悪化などが原因で内定を取り消さざるを得なくなることがあります。

そういった場合、企業側としてどういった手続きをとるべきでしょうか。

 

この点に関して参考になるのが、福岡地方裁判所平成22年6月2日判決です。

この事件は福岡の不動産業者が、リーマンショック後に業績が悪化し、新卒就職予定者の内々定を取り消した事件です。これに対し、内々定を取り消された学生がこの会社を訴え、損害賠償を求めました。

裁判所は内々定取消しにあたって、会社側が学生に対し、文書で簡単な説明をしただけで十分な説明をしなかったことなどを指摘して、100万円の慰謝料の支払いを命じました。

 

会社としては、業績悪化の際に内定や内々定の取消しという苦渋の決断をしなければならないこともあります。内定者とのトラブルを恐れて取消しをせずに余剰人員をかかえることは避けなければなりません。

 

ただし、内定を取り消す際の手続きを誤ると、本件のようなトラブルになりますので注意が必要です。

このような内定取り消しのケースでは、裁判所では、まず、内定取消しの前に役員報酬の減額その他の経費削減努力をしているかが、問われます。

 

 

そして最も重要なのは、会社が内定取り消し対象となる学生に十分な説明をしたかどうかという点です。

 

会社としては、もう取り消しは決定済みのことであり、説明をしても結論は変わらないという考えから、詳しい説明を避けてしまいがちです。しかし、取り消し対象となる学生と会って、事情を説明し、謝罪して理解を求めることは法的にも重要なことです。

労務の問題でお困りの企業様はぜひご相談ください。弁護士が経営者の立場にたってご相談をお受けします。

▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

○ 入社希望者の精神疾患の病歴について採用時に尋ねることの問題点 https://kigyobengo.com/blog/1889

○ 試用期間と解雇について  https://kigyobengo.com/blog/2555

○ 労働問題でお困りの方はこちら http://roumubengo.com/

○ ご相談はこちらから https://kigyobengo.com/contact

○ ブログの一覧はこちらから https://kigyobengo.com/blog

 

ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、

https://kigyobengo.com/adviser.htmlからお申し込みください。

なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

顧問実績170社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数6
今月のお問い合わせ件数44

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET