弁護士が勧める、裁判になっても会社を守れる社宅規定の作り方
企業向け法律講座ブログ

弁護士が勧める、裁判になっても会社を守れる社宅規定の作り方

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 2014年06月12日

    会社が大きくなり、本社以外に支店ができるようになると、支店に転勤になる従業員の家賃補助を検討される会社も多いようです。

     

    この家賃補助をする場合ですが、方法としては2つのパターンがあります。

     

     

    1つは、従業員に対して、住宅手当を支給する方法です。この方法は従業員にお金を支給して、住居自体は自分で借りてもらいます。

     

    もう1つは、会社名義で支店の近くにマンションを借り、社宅とした上で従業員に貸す方法です。この方法ではお金を支給するのではなく、住居自体を支給することになります。

     

    この住宅手当方式と社宅方式はどちらがよいのでしょうか。

    税務の面で言えば、社宅方式の方がすぐれています。

    なぜなら、住宅手当方式をとると、住宅手当として支給した賃金についても従業員側で所得税がかかりますし、会社としても住宅手当を支給することで社会保険料の負担が増えるからです。

     

     

    しかし、弁護士としてお勧めしたいのは、社宅方式ではなく住宅手当方式です。

    というのは、社宅方式をとると、会社と、その社宅を会社から借りている従業員との間で、万一労務上のトラブルになったときに大変やっかいなことになるケースが多いからです。

     

     

    特に大変なのは、会社が社宅を借りている従業員を解雇しなければならなくなった場合です。

    従業員から不当解雇であるという主張が出てくるとその従業員は社宅からの退去も拒否するケースが多く、社宅と解雇の両方がトラブルになってしまいます。

    この結果、会社はトラブルの決着がつくまで社員を退去させることができず、社宅の賃料を会社で払い続けるということになりかねないのです。

     

     

    そして、退去させることができたとしても、今度は原状回復費用のことでトラブルになります。

    こういったことから、税務面でのデメリットを踏まえても、社宅を会社で借りてそれを従業員に貸すという社宅方式ではなく、住宅手当を支給してマンション自体は従業員に借りてもらうという住宅手当方式がお勧めです。

    もし、税務面のメリットを考えて社宅方式を採用される場合は、そのデメリットも十分に踏まえる必要があります。

     

     

    トラブルにならないためには、社宅規定を作り、その中で社宅への入居期間や、入居資格、退去時の原状回復等についてきちんと定めておく必要があります。万一、社宅に住む従業員とトラブルになっても、そのトラブルが社宅のことにまでは及ばないように、社宅規定に工夫をこらす必要があります。

    社宅規定がだめだと、トラブルになった時に会社のダメージは大きくなります。

    弁護士に相談しておいたらよかった、社宅規定を変更しておけばよかったということにならないためにも、 就業規則や社宅規定の整備でお困りの企業様はぜひご相談ください。弁護士が経営者の立場にたってご相談をお受けします。

    ▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

    ○ 従業員を解雇した後の会社側の手続について https://kigyobengo.com/blog/2129

    ○ 労働問題でお困りの方はこちら http://roumubengo.com/

    ○ ご相談はこちらから https://kigyobengo.com/contact

    ○ ブログの一覧はこちらから  https://kigyobengo.com/blog

     

    ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

    顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、

    https://kigyobengo.com/adviserからお申し込みください。

    なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

    https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

    企業法務の取扱い分野一覧

    お問い合わせ状況

    昨日のお問い合わせ件数6
    今月のお問い合わせ件数72

    企業法務に強い弁護士紹介

    西川 暢春 代表弁護士
    西川 暢春(にしかわ のぶはる)
    大阪弁護士会、近畿税理士会/
    東京大学法学部卒
    小田 学洋 弁護士
    小田 学洋(おだ たかひろ)
    大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
    池内 康裕 弁護士
    池内 康裕(いけうち やすひろ)
    大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
    片山 琢也 弁護士
    片山 琢也(かたやま たくや)
    大阪弁護士会/京都大学法学部
    堀野 健一 弁護士
    堀野 健一(ほりの けんいち)
    大阪弁護士会/大阪大学
    荒武 宏明 弁護士
    荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
    大阪弁護士会/大阪大学文学部
    渕山 剛行 弁護士
    渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
    大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
    弁護士紹介一覧へ

    メディア掲載情報

    メディア掲載情報/フジサンケイビジネスアイ 「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
    メディア掲載情報一覧へ

    書籍出版情報

    「働き方改革」いよいよスタート!企業がやるべき〈直前〉実務対応

    著者:弁護士 池内 康裕
    発売日:2019年03月05日
    出版社:清文社
    ページ数:52ページ
    価格:400円

    書籍出版情報一覧へ

    運営サイト

    中小企業や士業(社労士・税理士)のための労務セミナー情報サイト
    弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube

    弁護士会サイト

    大阪弁護士会
    企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET遠方の方のご相談方法