水道工事の騒音等に対する近隣店舗からのクレームや金銭要求に対し、弁護士が交渉して要求を断念させた解決事例
クレームの解決実績

水道工事の騒音等に対する近隣店舗からのクレームや金銭要求に対し、弁護士が交渉して要求を断念させた解決事例

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • この成功事例を担当した弁護士

    • 咲くやこの花法律事務所  

    事件の概要

    本件は、クレームトラブルに関する事例です。水道局から水道工事を請け負っていた建設会社が、給水管の入れ替え工事、路面の舗装工事を実施していたところ、 近隣で店舗を営業する者から「客が減る」として、工事の中止、金銭の支払いを要求され、従わない場合には工事を妨害するなどと言われた事件です。

     

    今回の解決実績の目次

    ●問題の解決結果
    ●問題解決における争点
    ●担当弁護士の見解
    ●解決結果におけるまとめ

     

    問題の解決結果

    咲くやこの花法律事務所のクレーム対応に強い弁護士が、近隣店舗の営業者に対し、工事の中止や金銭の支払いの要求には応じないこと明確に伝え、工事の妨害をするのなら法的措置をとると警告し、相手の要求を断念させました。

     

    問題解決における争点

    本件のクレーム問題となった給水管工事は、夜間の工事でした。 商店街の道路での工事であったため、昼間は、車両及び歩行者の通行が多く、水道局からは、交通安全面などを考慮し、車両及び歩行者の通行が少なくなる夜間に工事を行うようにと指示を受けていました。

    工事の時間帯が居酒屋が営業をしている時間帯と重なっていたため、居酒屋には工事の騒音で迷惑をかけていたのは事実です。 工事の騒音を理由に、営業損害等の金銭の賠償を命じた判例も存在しますが、「工事の騒音が社会生活上受忍すべき限度を超えているかどうか」が賠償義務の有無の判断基準となります。

    そこで、本件では、以下の2点が争点となりました。

    本件の争点について

    争点1:

    工事の騒音が社会生活上受忍すべき限度を超え、工事を中止する義務があるのか。

    争点2:

    工事の騒音が社会生活上受忍すべき限度を超え、居酒屋に対して営業損害等金銭の賠償の義務があるのか。

     

    担当弁護士の見解

    本件の給水管工事は、各戸の給水栓まで浄水を送るためのものです。居酒屋も含め、周辺住民が、日常生活を維持存続させるために不可欠な工事です。このように日常生活の維持存続に不可欠な工事から生じる騒音は、一定程度の範囲内で、社会全体で許容すべきものです。

    建設会社は、水道局が定める建設工事に伴う騒音振動対策技術指針に従って施行し、低騒音型の重機を使用するなど、可能な限り騒音を低減するようにしていました。 工事の期間も数日間で、騒音の影響が長期に及ぶということもありませんでした。 工事の騒音は、社会生活上受忍すべき限度を超えているとは言えません。居酒屋が求めるように、工事の中止や金銭の賠償をする必要はありません。

    十分な説明をしても、納得をしていただけない場合には、不合理な要求をきっぱりと断らないといけません。 きっぱりと断らないと要求はエスカレートし、解決に時間が掛かってしまうことになります。 実際に迷惑をかけていたり、これまでの関係から不合理な要求を断るのが難しい場合があるかもしれません。 そのような場合には、クレームに強い弁護士が状況に応じた最適な対策を実施していくことがベストです。

    参考:工事の騒音についてクレーム対応方法

     

    解決結果におけるまとめ

    本件クレームトラブルの居酒屋の「工事の中止」、「金銭の支払い」などの要求に対して、クレームに強い弁護士が対応することで、要求を断り、工事の妨害をしないように警告を与えたため、本件クレームトラブルは早期に解決することができました。
    クレーム対応については、中途半端な対応が解決までの時間を長引かせます。そのため、早めにクレーム対応に強い弁護士に相談することが早期解決の近道です。

     

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 同じカテゴリの解決実績を見る

    業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

    企業法務の取扱い分野一覧

    お問い合わせ状況

    昨日のお問い合わせ件数5
    今月のお問い合わせ件数66

    企業法務に強い弁護士紹介

    西川 暢春 代表弁護士
    西川 暢春(にしかわ のぶはる)
    大阪弁護士会、近畿税理士会/
    東京大学法学部卒
    小田 学洋 弁護士
    小田 学洋(おだ たかひろ)
    大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
    池内 康裕 弁護士
    池内 康裕(いけうち やすひろ)
    大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
    片山 琢也 弁護士
    片山 琢也(かたやま たくや)
    大阪弁護士会/京都大学法学部
    堀野 健一 弁護士
    堀野 健一(ほりの けんいち)
    大阪弁護士会/大阪大学
    荒武 宏明 弁護士
    荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
    大阪弁護士会/大阪大学文学部
    渕山 剛行 弁護士
    渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
    大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
    弁護士紹介一覧へ

    メディア掲載情報

    メディア掲載情報/フジサンケイビジネスアイ 「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
    メディア掲載情報一覧へ

    書籍出版情報

    「働き方改革」いよいよスタート!企業がやるべき〈直前〉実務対応

    著者:弁護士 池内 康裕
    発売日:2019年03月05日
    出版社:清文社
    ページ数:52ページ
    価格:400円

    書籍出版情報一覧へ

    運営サイト

    中小企業や士業(社労士・税理士)のための労務セミナー情報サイト
    弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube

    弁護士会サイト

    大阪弁護士会
    企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET遠方の方のご相談方法