閉じる
企業法務お役立ち情報 知的財産(著作権・商標など)

怖すぎる商標に関するトラブル!商標登録を早くしたほうがよい理由とは?

  • シェア
  • ツイート
  • はてブ
  • Google+
  • LINEで送る
  • 商標

    「商標登録」という言葉は、皆さん一度は必ずお聞きになられたことはある言葉だと思います。

    商品名、店舗名、サービス名など、多くのものに関わる「商標」ですが、「自分の会社には、あまり関係がない。」と思われていないでしょうか?

    最近、商品名、店舗名、サービス名など、様々なケースにおいて、「商標権侵害」で訴えられたり、自社で利用中の「ロゴマーク」や、商品名・店舗名・サービス名などの「ネーミング」が、他社に商標登録されてしまったりなど、「商標に関するトラブル」がインターネットサービスの急速な普及などもあり急増しています。

    このようなトラブルを防ぐには、自社で使用している「ロゴマーク」や「ネーミング」については、「商標」をとっておくことが絶対に必要になります。

    今回は、商標を取得していないために発生するトラブル事例などを含め、「商標を早く取得したほうがよい理由」について、ご説明していきたいと思います。

     

     今回の記事で書かれている要点(目次)

    ●商標を早く取得したほうがよい理由について
    ●商標を取得しないことで起こるトラブル事例
    ●ネット時代だからこそ商標の対策が大切!

     

    商標を早く取得したほうがよい理由について

    まず最初に、結論からご説明しますと、商標を早く取得したほうがよい理由は、商標を取得したタイミングから、あなたの会社の商品名・店舗名・サービス名などを、自社のオンリーワンとして「ブランド化」できるからです。

    商品名・店舗名・サービス名のロゴマークやネーミングについて商標を取得すると、以下のようなメリットがあります。

    商標を取得するメリット一覧

    1,競合他社などは、似たようなロゴマークや名前が利用できなくなります。

    2,商標を取得したロゴマークやネーミングを、顧客をはじめとする他の人が見ても、あなたの会社の商品・店舗・サービスであることがわかるようになります。

    3,顧客は商標をみて、「これは、(商標を取得した)あなたの会社の商品だ。」と、認識するようになり、安心と信頼を与えることが可能になります。

     

    商標を取得してなければ、あなたの会社の商品・店舗・サービスなどのロゴマークやネーミングは、他社に先に取得されたり、また、真似されてしまったりなど、大きなリスクを背負うことになります。

    このようなリスクをなくして、「自社ブランド」として、信頼の積み重ねを可能にするのが「商標」です。

    例えば、一般生活の身近なところで有名な商標をご紹介いたします。

    商品名の商標

    ・マヨネーズ「キユーピー」
    ・殺虫剤「キンチョール」
    ・カップ麺「どん兵衛」
    ・旅行ガイドブック「地球の歩き方」
    ・服飾ブランド「LOUIS VUITTON 」

    店舗名の商標

    ・ドーナッツショップ「mister Donut」
    ・コンビニエンスストアの「セブンイレブン」
    ・うどんの「丸亀製麺」
    ・カー用品の「AUTOBACS」

    サービス名の商標

    ・動画投稿サイト「YouTube」
    ・「クロネコヤマトの宅急便」
    ・NTTドコモ「iモード」
    ・ブログサービス「アメブロ」
    ・通信販売「楽天市場」

     

    このような商標も、最初は無名だったかもしれません。

    しかし、商標をいち早く取得したことで、「自社ブランド」としてのポジションを獲得し、他社にロゴやネーミングを真似されず、現在のような有名ブランドに育ってきたと思われます。

    ビジネスをするのであれば、商標を取得するのは、早ければ早いほど得なのです。

     

    商標を取得しないことで起こるトラブル事例

    では、商標を取得しないことで起こる商標トラブルには、「どのような怖いケースがあるのか?」についてご説明いたします。

    商標を取得しないことで発生するトラブルの一般的なケース一覧

    1,自分の会社の商品・店舗・サービスなどが、有名になると「ロゴマーク」や「ネーミング」が、競合他社に簡単に真似されてしまい、売上どころか、ビジネスチャンスまでも失います。

    2,類似商品が多く発生するに伴い、粗悪品も出てくることになり、自社の商品・店舗・サービスまでが、顧客から信頼を失ってしまいます。

     

    更には、以下のような商標トラブルも最近では急増しているケースです。

    最近、急増している商標トラブルのケース一覧

    1,競合他社が、自社の商品・店舗・サービスなどのロゴマークやネーミングについて、先に商標を取得してしまうケースです。この結果、自分の会社側が、商品・店舗・サービスなどのロゴマークやネーミングを変更しなければならなくなり、「ブランドがなくなる」という怖い事態に陥ってしまいます。

    2,自社の商品・店舗・サービスなどのロゴマークやネーミングについて、競合他社に商標を取得されてしまうと、自社はもちろん商標を取得することができなくなります。

    3,自社の商品・店舗・サービスなどのロゴマークやネーミングについて、競合他社が先に商標を取得してしまった事を知らずに、そのままビジネスを継続していると、商標権者から「多額の損害賠償を請求される」ことがあります。

     

    では、実際のトラブル事例をいくつかご紹介いたします。

    商標トラブル事例1

    株式会社モンシュシュ(大阪市北区)の商標権侵害事件

    「堂島ロール」などのロールケーキの販売で有名な大阪の株式会社モンシュシュが商標権侵害で敗訴した事件です。

    株式会社モンシュシュでは、販売するケーキのパッケージに「モンシュシュ」と表示していました。しかし、「モンシュシュ」については他社が商標を登録していたため、これが商標権侵害とされ、約5140万円の損害賠償を命じらられました。

    しかも、この事件の途中に、株式会社モンシュシュは店名や社名をこれまでの「モンシュシュ」から「モンシェール」に変更することを余儀なくされました。

    商標トラブル事例2

    「シルバーヴィラ揖保川」の商標権侵害事件

    「シルバーヴィラ揖保川」の名称で介護施設を経営してきた医療法人が商標権侵害で敗訴した事件です。

    この医療法人は、平成9年から兵庫県で「シルバーヴィラ揖保川」という介護施設を運営していました。しかし、平成18年にこの医療法人が知らないうちに、東京の会社が「シルバーヴィラ」の商標を取得しており、商標権侵害として訴訟を起こされました。

    医療法人は「シルバーヴィラ揖保川」の名称を商標登録していなかったために敗訴し、介護施設の名称の変更と約600万円の損害賠償の支払いを命じられました。

     

    ネット時代だからこそ商標の対策が大切!

    日本ではすでに830万件を超える商標が登録されており、しかも毎年約10万件ずつ新しい登録があります。そのため、知らないうちに他社の商標を登録してしまうというトラブルが増えています。

    そして、最近の注目すべき点は、「インターネット時代」という点です。インターネット時代だからこそ、「商標トラブル」が急増しています。

    代表的なケースは、自分の会社が商品名・店舗名・サービス名のロゴマークやネーミングについて商標を取得しないで放置していると、競合他社が先に商標を取得してしまい、知らないうちに、競合他社の「商標権を侵害」してしまっていたというケースです。

    インターネットが普及する以前であれば、自社の商品・店舗・サービスが有名にならない限り、商標権を侵害して商標を利用していることを商標権者に気づかれることがありませんでした。

    しかし、インターネットの時代になり、競合他社で商標を取得したことを知らないまま、商品・店舗・サービスなどのロゴマークやネーミングを使用していると、簡単に競合他社から発見されてしまい、「損害賠償の請求」を受けるトラブルが急増しています。

    インターネット時代の代表的な商標トラブル事例

    ケース1:キャリアジャパン事件

    人材派遣会社がインターネット上の情報サイトで、「DISCOCAREER JAPAN.JP」と表記し、disco-careerjapan.jpのドメイン名を使用したことなどについて、別の人材派遣会社から商標権侵害として損害賠償を請求されました。

    裁判では商標権侵害が認められ、約60万円の損害賠償の支払いとドメイン名の変更などが命じられました。

    ケース2:「車の110番」事件

    車両整備業者が「クルマの110番」という用語をウェブサイトのメタタグに使用したところ、これが別の自動車修理会社の商標である「中古車の110番」という登録商標を侵害しているとして、使用の差し止めと損害賠償を請求されました。

    訴えられた車両整備業者は「中古車の110番」の商標登録の1年以上前から「クルマの110番」をWebサイトで使用していましたが、商標として登録していなかったため、敗訴し、約80万円の損害賠償を命じられました。

     

    このようにインターネットの時代だからこそ、早めに商標を取得しておかないと、ますます、「損害賠償を請求される」というような大きなリスクがつきまといます。そして、自分の会社が先に商標を取得してしまうことが、この「大きなリスク」に対する唯一の対策になります。

     

    今回のまとめ

    今回は、「商標を早く取得したほうがよい理由」についてご説明いたしました。

    「商標」を早くとることは、「自分の会社のブランドを守る」という大きなメリットがある一方で、「商標」を取得しないままですと、「自分の会社のブランドやビジネスを失う」、「競合に損害賠償まで請求される」というような、様々なリスクが増大し続ける。

    このような事を、ご理解いただければと思います。

    あなたの会社の主要な「商品・店舗・サービス」などのロゴマークやネーミングについて商標を取得していないという時は、早めに取得されることをお勧めします。

    現在、商標についてお悩みや登録をご検討の企業様は、商標登録の実績数とそのノウハウに強い「咲くやこの花法律事務所」にお気軽にご相談下さい。

     

    商標に関する他の記事を見る

    【重要】敗訴すれば高額賠償事例も!他社から商標権侵害で警告・損害賠償請求された時の反論方法

     

    企業法務におけるお悩みは、企業法務に強い弁護士へ。「咲くやこの花法律事務所」へご相談下さい。

    記事作成弁護士:西川 暢春
    記事更新日:2017年1月27日

  • シェア
  • ツイート
  • はてブ
  • Google+
  • LINEで送る
  • 【各種紛争・事件に関する相談!】<お電話でお問い合わせ>06-6539-8587
    メールによる問い合わせはこちら
    自社の「労務トラブル」発生の危険が、今スグわかる。労務管理チェックシート無料プレゼント!

    同じカテゴリの関連記事を見る

    他のカテゴリから記事を探す

    情報カテゴリー

    ご覧になりたい「カテゴリーをクリックしてください」