実践で使える!経営者向け
企業法務お役立ち情報

タグ

全87件中 11〜20件目を表示

就業規則の作成方法と注意点について

企業の規律を明確にし、職場で起こる問題行動にも正しく対応するための基本となるのが、「就業規則」です。 労務トラブルを未然に防ぐようなきちんとした就業規則を作成するためには、実際に「労務トラブルの対応」や「会社側の労働審判…

定年後再雇用社員・嘱託社員の労働条件のルールと注意点

高齢化社会が加速するにつれて、身近なところでも「定年後の再雇用」や「嘱託社員」というような言葉をよく聞く機会が増えてきた経営者の方も多いのではないでしょうか。 平成25年4月に「高齢者雇用安定法」が改正され、企業には原則…

休職期間満了を理由に従業員を退職扱いあるいは解雇する時に絶対におさえておくべき注意点

「休職期間満了の際に起こるトラブルとは?」 従業員が病気やけがなどの理由で休職をすることがあると思います。この「休職」においても、休職中の従業員の休職期間が満了し、従業員を退職扱いあるいは解雇する場面で、企業としての対応…

パワハラによる会社の賠償責任や対策方法、加害者への懲戒処分の注意点

都道府県労働局が実施している総合労働相談で、相談件数のトップを占めているのが、「いじめ・嫌がらせ」といった、いわゆる「パワハラ(パワーハラスメント)」に関する相談です。 パワハラの相談件数は毎年増加し、平成26年度は全国…

平成29年個人情報保護法の改正の企業の取扱い注意点について

平成29年春に個人情報保護法が改正されることが予定されており、それに向けた準備が急ピッチで進められています。 しかし、個人情報保護法の改正の内容については難解なものも多くなっています。 一方で年々個人情報に対する意識が高…

セクハラ加害者への正しい懲戒方法

社内でセクハラ(セクシャルハラスメント)が起こった場合、企業は、加害者に対してどのような懲戒処分を行えばよいのでしょうか? 男女雇用機会均等法に基づき厚生労働省が定めた指針では、企業がセクハラの加害者に対しては必要な懲戒…

36協定の締結に関する基本ルールと締結方法

「違法残業トラブル」や「サービス残業トラブル」がニュースで取り上げられることが増えてきました。最近では、「電通の過労自殺のニュース」でも長時間労働に関する問題が話題になっています。 そんな過重労働に対する法律上の規制の1…

正社員の雇用契約書の作成方法

厚生労働省の統計によると、全国の労働局が実施している総合労働相談では、毎年、正社員から「9万件」を超える「労務トラブルの相談」があります。 そして、相談の中には、「雇用条件に関するトラブル」や、「転勤や異動に関するトラブ…

役員解任の際の注意点

「取締役と意見があわなくなり解任したい。」 「取締役の不正行為が発覚し解任したい。」 こういった取締役の解任の場面で、おさえておく必要があるのが、取締役を解任した場合の会社の損害賠償リスクです。 解任された取締役から会社…

パート社員の雇用契約書の作成ポイント

平成26年の厚生労働省の統計によれば、パート社員を雇用する企業の割合は全体の「60%」を超えており、増加傾向にあります。 一方で、パート社員の増加に伴い、パート社員と企業の雇用トラブルも増えています。 例えば、平成25年…

企業法務に役立つ無料のメールマガジン「咲くや企業法務.NET通信」企業法務に役立つ無料のメールマガジン「咲くや企業法務.NET通信」