実践で使える!経営者向け
企業法務お役立ち情報

タグ

全84件中 11〜20件目を表示

36協定の締結に関する基本ルールと締結方法

「違法残業トラブル」や「サービス残業トラブル」がニュースで取り上げられることが増えてきました。最近では、「電通の過労自殺のニュース」でも長時間労働に関する問題が話題になっています。 そんな過重労働に対する法律上の規制の1…

正社員の雇用契約書の作成方法

厚生労働省の統計によると、全国の労働局が実施している総合労働相談では、毎年、正社員から「9万件」を超える「労務トラブルの相談」があります。 そして、相談の中には、「雇用条件に関するトラブル」や、「転勤や異動に関するトラブ…

役員解任の際の注意点

「取締役と意見があわなくなり解任したい。」 「取締役の不正行為が発覚し解任したい。」 こういった取締役の解任の場面で、おさえておく必要があるのが、取締役を解任した場合の会社の損害賠償リスクです。 解任された取締役から会社…

パート社員の雇用契約書の作成ポイント

平成26年の厚生労働省の統計によれば、パート社員を雇用する企業の割合は全体の「60%」を超えており、増加傾向にあります。 一方で、パート社員の増加に伴い、パート社員と企業の雇用トラブルも増えています。 例えば、平成25年…

一般競争入札の入札参加資格に関する法律のルールとトラブル時の対応ポイント

「一般競争入札の入札参加拒否をめぐるトラブルで、裁判所が、自治体に対して、2900万円の賠償命令」 平成26年7月10日に水戸地方裁判所で言い渡された判決です。 水戸地方裁判所は、市が設定した地元業者優先の入札参加資格の…

育児介護休業法、雇用機会均等法改正に伴う就業規則改訂の重要ポイント

育児介護休業法と男女雇用機会均等法が改正され、2017年1月1日から施行されます。 介護や育児の制度の変更があり、就業規則を制定している全ての企業において、就業規則の改訂等の対応が必要です。今回は、育児介護休業法、雇用機…

企業が従業員に職種変更を命じる際に必ずおさえておくべ注意点

「就業規則に異動に関する規定があれば、従業員に対して自由に職種変更を命じることができる」と思っていませんか? 従業員に対する職種変更の命令には一定の制約があり、制約を超えて職種変更を命じてしまうと、裁判で敗訴し、多額の支…

従業員から未払い残業代を請求された場合に会社が検討すべき反論とは?

会社経営をして従業員を雇用している場合、よくあるトラブルの1つが「未払い残業代トラブル」です。実際に咲くやこの花法律事務所でも、労務・労働問題の相談の中で多いトラブルの1つが「残業代トラブル」です。 会社の未払い残業代に…

派遣社員の横領やミスなどによる損害を派遣先から賠償請求されたときの正しい対応

人手不足の傾向の中で、派遣サービスを活用する会社が増え、それに伴い、派遣会社と派遣先のトラブルも増えています。 特に増えているのが、以下のような「派遣先から派遣会社に対するクレームや損害賠償請求のトラブル」です。 「派遣…

就業規則の作成方法と注意点について

就業規則の作成や変更にあたっては、「従業員代表の意見書」を添付して労働基準監督署に提出することが義務付けられています。 この意見書の取得手続きは大変重要な手続きです。 意見書の取得手続きに問題があると、就業規則が正しい手…

企業法務に役立つ無料のメールマガジン「咲くや企業法務.NET通信」企業法務に役立つ無料のメールマガジン「咲くや企業法務.NET通信」