取引基本契約書を作成する場合の商法526条に関連する注意点

企業法務に強い弁護士に今すぐ相談 受付時間 9:00 〜 19:00(平日)
閉じる
契約書について

取引基本契約書を作成する場合の商法526条に関連する注意点

2011年05月09日

 企業間で継続的な取引を始めるにあったて、「取引基本契約書」という契約書を作成することが多いと思います。

 

 取引基本契約書の内容は様々ですが、2社間で継続的な売買をする場合には、その売買の基本的な条件を決めるために「取引基本契約書」が作られます。

 

 今回は、このような内容の「取引基本契約書」を作るときに気をつけなければならない注意点の一つとして、商法526条について取り上げたいと思います。

 

 商法526条は次の通り規定があります。

 まず、1項ですが、

 「商人間の売買において、買主は、その売買の目的物を受領したときは、遅滞なく、その物を検査しなければならない。 」

とあります。

 

 つまり、買主は物が届いたら、遅れることなく、検査しなければなりません。

 

 そして、2項ですが、

「買主は、同項の規定による検査により売買の目的物に瑕疵があること又はその数量に不足があることを発見したときは、直ちに売主に対してその旨の通知を発しなければ、その瑕疵又は数量の不足を理由として契約の解除又は代金減額若しくは損害賠償の請求をすることができない。」とされています。

 

 つまり、検査の結果、商品に欠陥があることが分かった場合や、数が不足していることが分かった場合は、買主は売主に対してすぐにそこのことを連絡しなければ、そのことを理由とする代金減額の請求や損害賠償請求ができなくなってしまいます。

 

 このように商法526条は、買主に義務を設ける、売主にとって有利な規定になっています。

 

 取引基本契約書を作成するにあたっても、この商法526条を意識することが必要です。

 

 つまり、買主の立場からすれば、たとえば仕入れる物が大量で、すべてを1個1個検品できないような場合は、どの程度検査すれば、買主としての検査の義務を果たしたことになるのかを「取引基本契約書」で書いておかなければなりません。

 そうでなければ、たとえば、100個に1個というような抜き取り検査しかしておらず、あとで不良品が出てきたような場合に、売主から商法526条の適用を主張され、代金の減額や損害賠償の請求に応じてもらえなくなってしまう恐れがあります。

 

 この商法526条については、たとえば、「この取引については商法526条は適用しない」と取引基本契約書に盛り込むことも可能です。

 

 契約書には、商品の欠陥についていつまでい発見したものなら保証するということはよく書いてあります。ところが、欠陥を発見したらすぐに相手に通知しなければならないということは意外に知られていません。この点も商法526条に規定があるので、要注意です。

 

 逆に、売主の立場からみれば、商法526条は、「使える条文」です。

 

 「この取引については商法526条は適用しない」などといった記載がなければ、契約書に特段の規定がなくても、商法526条が適用されます。

 

 買主が納品後検査すべき時期をとっくに過ぎているのに、あとからクレームをつけてきた場合などには、商法526条を指摘して交渉を有利に進めることができるのです。

取引の際にきちんと契約書を作ることは、企業をトラブルなく順調に発展させるために、大変重要なことです。

▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

○ 取引基本契約書を作成する際の注意点 http://kigyobengo.com/blog/contract/314

○ 契約書を作るときの注意点(合意管轄条項の書き方) http://kigyobengo.com/blog/contract/420

○ クレームでお困りの方はこちらから http://kigyobengo.com/http://kigyobengo.com/complaint

○ ご相談はこちらから http://kigyobengo.com/contact

○ ブログの一覧はこちらから http://kigyobengo.com/blog

 

 

ご相談はhttp://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、http://kigyobengo.com/adviser.html からお申し込みください。

なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

http://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

 

顧問実績140社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数6
今月のお問い合わせ件数78

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET