プログラムの著作権について
閉じる
IT・著作権について

プログラムの著作権について

2011年01月14日

Q   弊社は弊社業務用のソフトを他社に開発してもらいました。

大変使いやすいソフトなので、弊社の提携先にも無料で使用してもらいたいと思うのですが、問題ないでしょうか?

A   ソフト開発の際の契約書を確認してください。

契約書の著作権についての条項をみてみましょう。

貴社にプログラムの著作権を移転する旨書かれている場合は、貴社はプログラムのコピーを貴社の提携先に提供することは可能です。

しかし、プログラムの著作権が開発したベンダーに残っている内容になっている場合は、
貴社はプログラムのコピーを自由に提携先に提供することはできません。この場合、ソフトを開発したベンダーの承諾を得る必要があります。

貴社が開発費用を支払ったからといって、貴社が著作権を取得しているとは限りませんので、注意が必要です。

プログラムの開発を他社に委託するにあたっては、プログラムの著作権について契約書でどのように処理するのか、
十分に注意することが必要です。

顧問実績170社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数4
今月のお問い合わせ件数48

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET