弁護士 小田 学洋
弁護士 小田 学洋

弁護士
小田 学洋
おだ たかひろ

大阪弁護士会(登録番号:45900)

弁護士プロフィール

  • 保有資格
    弁護士
  • 出身地
    広島県
  • 出身大学
    広島大学工学部工学研究科
  • 略歴
    平成2年 広島大学大学院工学研究科修了
    平成2年 三菱電機入社、半導体部門でシステムエンジニアとして勤務
    平成14年 半導体部門の分社化に伴いルネサステクノロジ株式会社に転籍、システム技術者として勤務し、特許権の取得などにもかかわる
    平成18年 弁護士を志し、ルネサステクノロジ退職
    平成21年 大阪大学法科大学院卒業
    平成22年 司法試験合格
    平成24年 大阪弁護士会登録
    平成24年 大阪のソフトウェア開発会社で著作権侵害事例、株主総会対策等に携わった後、弁護士法人咲くやこの花事務所入所
  • 所属団体
    大阪弁護士会(登録番号:45900)、労働委員会
  • 趣味
    写真
  • 好きな言葉
    一期一会
  • チャットID
    チャットワークID:oda_takahiro
    スカイプID:oda_takahiro
  • SNS

弁護士のメッセージ

弁護士 小田 学洋のメッセージ

中小企業では法務部門がないため、経営者が法的リスクについて理解しないままに様々な決断をされ、それがトラブルにつながるケースが多々あります。また、トラブルになった後もその問題の軽重について認識しないままに対応して問題を拡大してしまう場合があります。

例えば、「取引においてデザインの仕事を受注したが契約時に途中解約の場合を想定した費用を定めていなかったために費用の支払を巡ってトラブルになった」とか、「元従業員から残業代を請求されたが放置していたところ訴訟になってしまった」等々、より早い段階での適切な対応が問題の発生や拡大を防ぎます。

すこしでも疑問があればお気軽にお問い合わせください。リスクを判断し適切な解決ができるように全力で取り組みます。

 

主な取扱分野

労働問題・労務に関する分野

労働問題は早期の解決が企業活力の維持につながります。団体交渉、就業規則や労働協約の作成・チェック、残業代請求・解雇トラブルの対応、メンタルヘルス休職者の職場復帰、労基署・ハローワーク対応 等お任せください。

 

債権回収に関する分野

債権は、実際に支払いをうけるまでは絵にかいた餅にすぎません。債権回収を適切に実施することは企業経営の健全化につながります。債権回収には、資産の調査や差押えや強制執行などの手段を適切に行使する必要がありますので、弁護士に依頼することで効果的に回収することが期待できます。

 

システム開発トラブルに関する分野

システム開発トラブルは、注文主と作成側のそれぞれが考えている合意内容が異なることにより生じることが大半です。その防止には、契約書の内容が鍵にとなります。また、近年では様々な手法(ウォーターフォール、アジャイル、等々)がシステム開発に用いられるため、それらに対応する契約書を作成すること、それらの手法を理解したうえで契約書のチェックを行うことが重要です。システム開発のトラブル解決や契約書の作成はお任せください。

 

知的財産関連(特許・実用新案、著作権、商標)に関する分野

知的財産権は、会社の経営戦略に合わせて必要な権利化をしていくことが必要です。また、権利化しただけでは不十分であり、侵害行為をやめさせることで利益を守ることができます。一方、他人の知的財産権を侵害してしまった場合は、損害賠償や、小売店であればECモールからの除名など深刻な問題につながる場合があります。侵害、被侵害のいずれも適切な解決になるように努めます。

 

フランチャイズ契約トラブルに関する分野

フランチャイズ契約は契約書の整備だけでなく、契約時に相手方に説明する内容も重要です。フランチャイザーとして契約書等のトラブルの防止、フランチャイジーとしてフランチャイザーの不当な請求への対応などをお任せください。

 

クレーム対応に関する分野

取引先やお客からのクレームへ対応は、相手に対する遠慮が生じるため、毅然と対応することがむずかしく、必要以上に譲歩することにより要求がエスカレートしクレームが収束しないなど、問題が長引くことがよくあります。そのような場合に、事案を客観的に見て判断できる弁護士に依頼することにより、負担を軽減しまた解決を目指すことが可能です。

 

インターネット上の誹中傷対応に関する分野

インターネット上の誹中傷の書き込みは、放置すると拡散するおそれがあります。誹中傷の書き込みを削除させるためには、プロバイダーへの請求や相手方への請求など適切な対処方法を選択する必要があります。お困りの場合はご相談ください。

 

代表的な訴訟実績

残業代未払請求の労働審判

労働時間および固定残業代についての会社側主張がみとめられて勝訴的和解

 

フランチャイズに関する訴訟

フランチャイズ契約終了後のフランチャイザーからの競業避止義務違反の請求に対して勝訴的和解

 

主な解決実績

以下では、実際の紛争トラブルや予防法務に関する解決実績の一部をご紹介しています。

 

契約トラブル

消費者契約法に基づく返金請求に対応し、半額返金で解決した事例

 

債権回収

税理士事務所からの依頼を受けて滞納顧問料185万円の回収に成功した事例

 

商標権

退職者が会社の社名を商標登録して横取りしようとしたが、情報提供制度を利用して横取り阻止に成功した事例

 

クレーム対応

衣類の購入者からの色落ち、色移りに関するクレームトラブルに対して弁護士が対応し、金銭賠償なしで解決した成功事例

 

労働問題・労務

退職した従業員による残業代未払い請求のケースで、支払金額を請求額の半額程度に減額に成功した事例

 

その他の解決実績は、以下で詳しくご覧いただけますのであわせてご参照ください。

企業法務の事件や裁判の「解決実績」はこちらから

 

セミナー・講演・研修の講師実績

セミナー・講演

 

・2018年9月 公益社団法人 全日本不動産協会大阪府本部

「民法改正に対応!不動産取引の変更点と契約書の見直し方法」セミナー

宅地建物取引士を対象に、2020年4月1日施行の民法改正の不動産取引への影響についてのセミナーを行いました。

 

・2013年10月

「後継者育成プログラム」セミナー

企業の時代の経営者層に対し、主な労働問題や対処方法についてのセミナーを行いました。

 

メディア掲載情報

テレビ

 

・2022年4月 東京メトロポリタンテレビジョン「田村淳の訊きたい放題」

増加する企業に対する悪質クレーム問題の概要と対処方法について番組内でコメントしました。

 

企業法務に特に強い弁護士に今すぐ相談!
更新日:
業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会/東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
所属弁護士のご紹介

書籍出版情報


労使トラブル円満解決のための就業規則・関連書式 作成ハンドブック

著者:弁護士 西川 暢春
発売日:2023年11月19日
出版社:株式会社日本法令
ページ数:1280ページ
価格:9,680円


「問題社員トラブル円満解決の実践的手法」〜訴訟発展リスクを9割減らせる退職勧奨の進め方

著者:弁護士 西川 暢春
発売日:2021年10月19日
出版社:株式会社日本法令
ページ数:416ページ
価格:3,080円


書籍出版情報一覧へ

運営サイト

大阪をはじめ全国の中小企業に選ばれ続けている顧問弁護士サービス
弁護士西川暢春の咲くや企業法務TV
中小企業や士業(社労士・税理士)のための労務セミナー情報サイト

弁護士会サイト

大阪弁護士会
日本弁護士連合会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET遠方の方のご相談方法