インターネット広告を掲載する場合の注意点について
閉じる
IT・著作権について

インターネット広告を掲載する場合の注意点について

2011年01月14日

インターネット広告の市場が成長するにつれて広告をめぐるトラブルも増えています。

たとえば、インターネット上でバナー広告などの広告スペースを提供したが、後日、広告主の事業が詐欺的商法だったことがわかった場合、 広告スペースを提供した業者はどのような責任を負うのでしょうか。

この問題をインターネット上の広告について判断した裁判例はまだ見当たりません。

ただ、新聞広告などの伝統的な広告手法の分野では、広告主の事業が違法な内容であったことが後日判明した場合に、 広告主だけでなく広告媒体を提供した新聞社等が訴訟の被告とされるケースがあり、多くの裁判例がでています。
これらの裁判例はインターネット上の広告についても参考になります。

最高裁は、詐欺的事業に広告を提供した新聞社の責任について「広告内容の真実性に疑念を抱くべき特別の事情があって 読者らに不測の損害を及ぼすおそれがあることを予見し、又は予見し得た場合には、 真実性の調査確認をして虚偽広告を提供してはならない義務がある」としています。

少しわかりにくいですが、おおざっぱに言うと、 「広告の際、広告スペースを提供する者はその広告内容が適法かどうかについて徹底的に 調べるまでの義務はない。しかし、通常の法律知識とをもって審査していれば怪しいと感じることができたのそれに気づかずに広告を 載せてしまった場合は、消費者に対して損害賠償責任を負うことがある」 ということになります。

今後はインターネット上の広告についても、後日虚偽広告などの事実が判明した場合に、広告主だけでなく、 広告スペースを提供した アフィリエイターや広告代理店などが訴訟の被告とされるケースが増えると思われます

広告の申込みがあった場合にどこまで広告内容を審査しなければならないかはケースバイケースです。
たとえば、FX業者など営業に許可がいるような事業主に広告枠を提供する場合、その業者がちゃんと許可を得ているかどうかなどについては 事前に調べてから広告枠を提供する必要があるでしょう。

「この広告はちょっと怪しい」と感じた場合はぜひ法律専門家に相談してください。
無用なトラブルを避けることが事業発展の第一歩です。

顧問実績170社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数0
今月のお問い合わせ件数53

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET