残業代請求のリスクから会社を守る方法~付加金と遅延損害金について
閉じる
企業向け法律講座ブログ

残業代請求のリスクから会社を守る方法~付加金と遅延損害金について

2011年01月14日

これまで、残業代の請求のリスクについて書いてきました。

ところで、残業代について、「付加金」と言う言葉をご存じでしょうか。

労働者が裁判所に不払い残業代の請求をするときに、未払い額と同額の金額を上乗せして請求できます。これが「付加金」です。

つまり、労働者が裁判で未払い残業代を請求する場合には、本来の残業代の2倍の金額を請求できるということです。

この制度は会社側にとって大きなプレッシャーになります。会社としてはこの付加金により倍額を支払わされるリスクを考えると
裁判は回避しなければなりません。その結果、会社としては残業代請求に対して何か主張したいことがあっても、裁判前に泣く泣く
労働者の請求をのまざるを得なくなるケースもあるのです。

また、不払い残業代については給料日から年利6パーセントの遅延損害金がつきます。さらに、従業員が会社を退職した日以降は、
年利14.6パーセントの遅延損害金がつきます。

これらの制度により裁判での請求額は実際の残業代の3倍程度になることも多々あります。

たとえば、月給30万円、所定労働時間月200時間の従業員が毎日2時間、サービス残業をしていたとします。

2年間の不払い残業代は約220万円になります。

これが裁判になると700万円近い請求になるリスクがあるのです。

残業代については、請求されたら払えばいいという考えは許されません。

特に営業職や管理職、年俸制の社員については、会社に悪意がなくても未払残業代が発生しているケースがあり、要注意です。

当事務所では、残業代については事前に対策を立てることで、会社の負担を最小限に抑えながら、残業代請求のリスクをなくす方法を提案しています。

次回は効果的な残業代の削減方法について書きます。

顧問実績170社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数6
今月のお問い合わせ件数44

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET