言いがかりのクレームに負けない会社を作る3つのポイント①-どんなに謝罪しても納得しないケースの解決法
閉じる
クレーム対応について

言いがかりのクレームに負けない会社を作る3つのポイント①-どんなに謝罪しても納得しないケースの解決法

2011年01月14日

言いがかり的なクレームに負けない会社を作るために、一番大事なことはなんでしょうか?

その答えは、

  1. クレーム対応のゴールを見誤らない
  2. 事実関係を正確に把握、記録する
  3. 交渉は対等に、NOは明確に

の3つです。

順番にお話ししていきたいと思います。

3つのポイントの中でも、一番重要なのは、①の「クレーム対応のゴールを見誤らない」です。

言いがかり的なクレームに悩む会社のほとんどが、「クレーム対応のゴール」を間違っています。

クレームに対応する際、ほとんどの担当者が、「当方の誠意を示し、相手に納得してもらう」ことを目指しています。
このゴールを目指すと、相手のクレームの内容が言いがかり的なものであっても、とりあえず、 相手の家や会社に行って何度も何度も謝り、本来支払わなくてもいい慰謝料を提案し、相手から誠意がないと言われれば、 さらにいったん提案した慰謝料を増額するなどの対応になります。
しかし、この方法では、どんなに頑張っても、きりがなく、クレームを解決することはできません。

では、目指すべき「クレーム対応のゴール」はなにでしょうか。

それは、クレーマーに請求をあきらめさせることです。

法律上支払う義務がない金を要求されたときは、きっぱりと「お支払いできません。」と回答します。
何度も相手からの電話が続くときは、「その点については先日お答えしたとおりです。失礼します。」と言って、電話を切ります。
「裁判をするぞ」と言われたときは、「わかりました。」と回答します。
「社長を出せ」と言われたときは、「お断りします」と回答します。

こういった毅然とした対応をすることにより、クレーマーに、「この会社にはどんな言いがかりをつけても跳ね返されるな」 と思わせ、請求をあきらめさせる、これがクレーム対応の正しいゴールです。

くれぐれも「相手の納得、了解」を求めてはいけません。この会社には何をいっても無理だなと思わせることが大切なのです。

弁護士にクレームの解決を頼むのもこの点にポイントがあります。
当事者によるクレーム対応ですと、どうしても「なんとか納得してもらおう」という解決を目指しがちです。
しかし、クレーム対応を弁護士にまかせることによって、弁護士からクレーマーに文書で理詰めの説明をし、 クレーマーに請求をあきらめさせることができるのです

顧問実績170社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数6
今月のお問い合わせ件数44

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET