合同労働組合との団体交渉は所定労働時間内にやるべきか?弁護士が教えます!
閉じる
企業向け法律講座ブログ

合同労働組合との団体交渉は所定労働時間内にやるべきか?弁護士が教えます!

2013年08月08日

 従業員が合同労働組合やユニオンと呼ばれる外部の労働組合に加入した場合、組合の人が何人かで団体交渉申入書を会社に突然持ってくるのが通常です。

 

この団体交渉申入書で、合同労働組合は、団体交渉の時間と場所を指定してきます。

 しかし、これは一方的に合同労働組合が決めた時間と場所ですので、その通りにしなければならないわけではありません。

 

 

場所については、労働組合は、組合事務所または会社を指定してくることが多いですが、社外の場所を借りるのがおすすめです。

 弊事務所に団体交渉の立ち会いをご依頼いただく場合は、咲くやこの花法律事務所の会議室を使っていただく場合が多いです。

 

 

場所も重要ですが、時間も重要です。

 

 

とくに検討しなければならないのは、団体交渉を所定労働時間内にやるべきか、それとも所定労働時間外にやるべきかということです。

この点で考えなければならないのは、所定労働時間内に団体交渉を行うことにすると、その間の賃金をどうするかが問題になるということです。

 

 

団体交渉は従業員の仕事ではないので、団体交渉の時間について賃金を支払う必要はありません。支払うべきでもありません。

 

 

団体交渉の時間について賃金を支払ってしまうと、団体交渉で解決のめどがたたなくなっているのにいつまでも交渉を求めてきたり、あるいは、労働組合側が本来の論点ではないことに議論を拡大させて団体交渉が長引くということがよくあります。

そういったことからすれば、団体交渉は所定労働時間外に行うのを原則とすべきです。

たとえば、定時が9時から18時までの会社であれば、仕事が終わった後、場所を移して、19時から21時などの予定で団体交渉を行うことをお勧めします。

 

 

どうしても、労働組合側が所定労働時間内での団体交渉を求める場合は、その時間は有給休暇扱いあるいは無給扱いにしなければなりません。

このことは事前に労働組合に通知しておきましょう。

 

 

 

ただ、上記のことがあてはまるのは、合同労働組合に加入した従業員が現在も御社に在籍中の場合です。

 

すでに退職した従業員が残業代の支払を会社に求めて団体交渉をしてくる場面、あるいは解雇した従業員が解雇の撤回を求めて団体交渉をしてくるという場面では、そもそも団体交渉中の賃金については考慮する必要がありません。

このような場合は、所定労働時間内に団体交渉を行っても問題ありません。

 

 

 

弁護士法人咲くやこの花法律事務所では、合同労組(ユニオン)との団体交渉にお困りの経営者の方のために、団体交渉の場に経営者の方と一緒に同席して労働組合との交渉にあたっております。

団体交渉でお困りの方は気軽に咲くやこの花法律事務所にご相談下さい。

 

 

ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、https://kigyobengo.com/contactからお申し込みください。

なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

 

顧問実績170社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数0
今月のお問い合わせ件数53

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET