団体交渉は社長が出席すべきか?
閉じる
企業向け法律講座ブログ

団体交渉は社長が出席すべきか?

2013年08月22日

今日は、ユニオン(合同労働組合)との団体交渉について、会社から誰が出席すべきかということについてお話したいと思います。

 

咲くやこの花法律事務所では、団体交渉の場に弁護士が同席して解決にあたっています。

 しかし、団体交渉は会社と従業員の話し合いですので、それを弁護士にすべてまかせてしまい、会社側の出席者は弁護士のみにするということはできません。

 

では、ユニオン(合同労働組合)との団体交渉について、会社側から誰が出席するのがよいのでしょうか。

 

 

 ユニオン(合同労働組合)からは、社長の出席を求められることがあります。

 

 

しかし、社長が出席すると、労働組合からの要求に対して、その場で即決することを求められがちです。

そのため、社長の出席は避けるべきです。

 

 

裁判所の判例でも「交渉担当者を誰にするかは使用者の自由であり、(会社は)単独で担当者を指定できる」とされています。

労務担当役員、人事部長、工場長など、交渉の内容について権限をもっている管理職に出席させるのがよいです。

 

 そのほか、従業員の解雇の撤回を求める団体交渉では、その従業員の在職時の問題点が団体交渉でも議論になりますので、在職時の様子をよく把握している、直属の上司も同席することが望ましいです。

 

 

 ユニオン(合同労働組合)との団体交渉では、組合側が大勢の人数で交渉に臨み、勢いで、団体交渉の場で会社側に即決を迫るということが多くあります。

しかし、団体交渉の場で即決しなければならないわけではありません。重要事項については、持ち帰って検討しなければなりません。

 

会社側で弁護士を同席させない場合は、組合側の要求に対して必要な時はきちんと断ることができる、胆力のある担当者を交渉担当としなければなりません。

 

 

弁護士法人咲くやこの花法律事務所では、合同労組(ユニオン)との団体交渉にお困りの経営者の方のために、団体交渉の場に経営者の方と一緒に同席して労働組合との交渉にあたっております。

 団体交渉でお困りの方は気軽に咲くやこの花法律事務所にご相談下さい。

 

 

ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

また、顧問契約をご希望の経営者の方の面談も随時行っております。

https://kigyobengo.com/contactからお申し込みください。

なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

 

顧問実績170社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数0
今月のお問い合わせ件数53

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET