警備業の営業停止処分の流れ
閉じる
その他

警備業の営業停止処分の流れ

2013年09月19日

警備業法に関する行政処分の手続きは法律上詳しく定められておらず、わかりにくいのが実情です。

 

今回は弊事務所の経験をもとに、警備業法の違反が問題となったときの解決までの流れについてお話したいと思います。

 

所轄の警察署になんども呼び出され、弁明通知書というのをもらうことになります。

この弁明通知書には今回の行政処分の対処となる事実が記載されています。

 

これに対して1週間以内に弁明書を提出することを求められます。

そして、これを提出した後だいたい2週間後に今度は「行政処分決定通知書」をもらうことになります。処分内容と処分理由が記載されています。

 

営業停止の期間についても記載されていますが、一方的に営業停止の期間が指定されるわけではなく、だいたい6ヶ月くらいの猶予期間を見て相談させてもらえるのが通常です。

また、14日以内に具体的改善策の提出と研修の実施報告をもとめられます。

 

これを提出すれば、あとはどのようにして営業停止の期間を乗り切るかが問題になります。

 

特に重要なのは顧客への対応です。

 

 

 

警備業の行政処分の問題でお困りの方はぜひ、当事務所にご相談ください。

 

 

ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

また、顧問契約をご希望の経営者の方の面談も随時行っております。

https://kigyobengo.com/contactからお申し込みください。

なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

 

 

顧問実績170社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数4
今月のお問い合わせ件数48

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET