業績悪化で社員の給与を減額する場合の注意点について
閉じる
企業向け法律講座ブログ

業績悪化で社員の給与を減額する場合の注意点について

2013年10月17日

経営上の必要から従業員の給与を減額せざるを得ないときに注意すべき点はどのような点でしょうか?

 

 

東京地方裁判所の平成24年2月27日判決の「NEXX事件」は、会社が経営上の必要から従業員の給与を20%減額したのに対し、この20%減額された賃金を3年間受け取っていた従業員が退職後に賃金の減額分の支払を求めた裁判です。

裁判所は、この事件で、賃金減額に対して、従業員の合意はなかったとして、減額前の給与との差額分の支払を会社に命じました。

 

 

裁判所は判決の中で、賃金の引き下げに対し、黙示の合意が成立したということができるためには

「使用者が提示した賃金額引き下げの申し入れに対して、ただ労働者が異議をのべなかったというだけでは十分ではなく、このような不利益変更を真意に基づき受け入れたと認めるに足りる合理的な理由が客観的に存在することが必要である」

としています。

 

 

そして、裁判所は、減額後の給与を異議なく3年間にわたり受け取っていたとしても、従業員が給与の減額に同意にしたことにはならないと判断しました。

裁判での会社側の主張内容からは、会社としては業績悪化のため、業績連動型の給与制度に切り替えたかったということが読み取れます。

 

 

しかし、そのような制度を人件費総額の削減を目的として導入することは、従業員の同意が必要であり、十分な説明をして書面による同意をもらっておくべきでした。

 

 

経営者としては業績悪化で人件費総額を減らさざるを得ない場合は、まず賞与を削減し、それでも足りなければ、会社の決算状況を具体的に従業員に開示した上で必要な人件費の削減額を明確にし、給与の削減に理解を求め、あるいは希望退職者を募集することになります。

そうはいっても、給与の削減についてどうしても従業員の同意を得ることができない場合に一方的に給与を下げることも経営上やむを得ないことがあります。

 

しかし、その場合も、会社の決算状況を具体的に従業員に開示した上で十分な説明、説得を行うことが必要です。

 

この事件では、業績連動型給与と言いながら給与が上がった社員はおらず給与制度の変更が人件費総額の削減を目的とするものであったこと、当面の給与の減額の必要性について会社として一応の説明は行ったものの会社の決算状況を具体的に開示して従業員らに説明をしていないことなどが会社側敗訴の理由となりました。

 

 

 

弁護士法人咲くやこの花法律事務所では、会社と従業員のトラブルについて経営者の側の立場で御相談をお受けしています。

 

従業員とのトラブルでお困りの方は咲くやこの花法律事務所にご相談下さい。

 

 

 

ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

また、顧問契約をご希望の経営者の方の面談も随時行っております。

https://kigyobengo.com/contactからお申し込みください。

なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

顧問実績170社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数6
今月のお問い合わせ件数44

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET