タイムカードを打刻しない従業員からの残業代請求について
企業向け法律講座ブログ

タイムカードを打刻しない従業員からの残業代請求について

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 2013年10月23日

    会社がタイムカードを用意したのに、従業員が打刻せず、会社が従業員の残業時間を把握できていなかった場合、どのような問題が起こるのでしょうか?

     

     

    東京地方裁判所の平成23年10月25日判決の「スタジオツインク事件」は、映画の企画、制作会社の課長が退職後に残業代の支払を求めて会社に裁判を起こした事件です。

    この裁判では、在職期間約8か月のうち、約4か月分のタイムカードがきちんと打刻されておらず、その点が裁判でも問題になりました。

     

    これについて、裁判所はタイムカードをきちんと打刻していなかった期間についても、残業代の支払を会社に命じました。

    タイムカードがきちんと打刻されていない場合、従業員から残業代の請求を受けても、実際にその従業員が残業をしていたのかどうか会社が確認することができないことがほとんどです。

    このとき、会社としてはそれはきちんと打刻していないのが悪いと言いたいのが人かもしれません。

     

     

    しかし、一般に、会社は従業員の健康管理や残業代の支払のために従業員の労働時間を把握する責任があります。

     のため、従業員側からの残業代請求にタイムカードなどの根拠がない場合には、裁判所からは会社が把握している労働時間を確認されることになります。

     

     

    そして、会社がこれに答えられない場合は、会社側は一定のペナルティを受けると考えておかなければなりません。

    もちろん、従業員の請求通りの内容が通るわけではありませんが、会社として労働時間の管理をしていなければ、裁判所から実際には働いていなかった時間についてまで残業代の支払を命じられるリスクがあります。

     

     

    このように正しい労務管理のためには、まず従業員の労働時間を正しく把握することが必要です。

    会社はタイムカードの打刻状況を少なくとも毎月確認しなければならず、残業代請求の裁判が起こってからタイムカードが打刻されていないことに気付いたとすれば、労務管理の方法を変える必要があります。

    また、タイムカードを導入していない会社も多いと思いますが、今後、タイムカードやICカードなど客観的な方法で時間管理ができるように準備していく必要があります。

     

     

     

    ぜひ咲くやこの花法律事務所にご相談いただき、一緒にトラブルを乗り切っていきましょう。

     

     

     

    なお、タイムカードを導入しているのに従業員が毎日打刻しないというような場合や、従業員が勤務終了後すぐにタイムカードを打刻しないといったことがある場合、決して放置してはいけません。

    毎日確実に打刻することができるようになるまで、逐一指導することが必要です。 

     弁護士法人咲くやこの花法律事務所では、会社と従業員のトラブルについて経営者の側の立場で御相談をお受けしています。

     従業員とのトラブルでお困りの方は咲くやこの花法律事務所にご相談下さい。

     この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

    ○ 不当な残業代請求の予防法 https://kigyobengo.com/blog/labor/682

    ○ 労働問題でお困りの方はこちらから http://roumubengo.com/

    ○ ブログの一覧はこちらから https://kigyobengo.com/blog

     

     

     

     

    ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

    また、顧問契約をご希望の経営者の方の面談も随時行っております。

    https://kigyobengo.com/contactからお申し込みください。

    なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

    https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

    企業法務の取扱い分野一覧

    お問い合わせ状況

    昨日のお問い合わせ件数5
    今月のお問い合わせ件数66

    企業法務に強い弁護士紹介

    西川 暢春 代表弁護士
    西川 暢春(にしかわ のぶはる)
    大阪弁護士会、近畿税理士会/
    東京大学法学部卒
    小田 学洋 弁護士
    小田 学洋(おだ たかひろ)
    大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
    池内 康裕 弁護士
    池内 康裕(いけうち やすひろ)
    大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
    片山 琢也 弁護士
    片山 琢也(かたやま たくや)
    大阪弁護士会/京都大学法学部
    堀野 健一 弁護士
    堀野 健一(ほりの けんいち)
    大阪弁護士会/大阪大学
    荒武 宏明 弁護士
    荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
    大阪弁護士会/大阪大学文学部
    渕山 剛行 弁護士
    渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
    大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
    弁護士紹介一覧へ

    メディア掲載情報

    メディア掲載情報/フジサンケイビジネスアイ 「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
    メディア掲載情報一覧へ

    書籍出版情報

    「働き方改革」いよいよスタート!企業がやるべき〈直前〉実務対応

    著者:弁護士 池内 康裕
    発売日:2019年03月05日
    出版社:清文社
    ページ数:52ページ
    価格:400円

    書籍出版情報一覧へ

    運営サイト

    中小企業や士業(社労士・税理士)のための労務セミナー情報サイト
    弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube

    弁護士会サイト

    大阪弁護士会
    企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET遠方の方のご相談方法