ドライバー職の従業員が運転ができなくなった場合の対処法
企業向け法律講座ブログ

ドライバー職の従業員が運転ができなくなった場合の対処法

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 2013年11月21日

    従業員が病気やケガのため、これまでとおりに業務を行うことができなくなる場合があると思います。

    このような場合、その従業員には配転命令を出して、別の仕事に就いてもらう必要があります。しかし、当人の同意なしにそのようなことは可能でしょうか。

     

     

     

    参考になる裁判例として、平成24年5月24日千葉地裁松戸支部での「エバークリーン事件」をご紹介します。

    この事件は、産業廃棄物回収・処分等を行う会社で入社以来ドライバーとして勤務していた従業員が足を負傷したため、会社がドライバー職は困難と判断して工場職に配置転換し、それに伴い、工場職の給与体系を適用して給与を大幅に引き下げたという事件です。

    これに対し、この従業員が給与の差額分の支払いなどを求めて会社を訴えました。

    裁判所は、配置転換とそれに伴う給与の引き下げは正当であると判断して、従業員の請求を認めませんでした。

     

     

     

    従業員を採用するときに、職種を決めて採用する場合があります。

    たとえば、営業職として採用する、ドライバー職として採用する、技術者として採用するといった場合です。

    しかし、その後、怪我や病気などの理由でその従業員が当初予定していた職種を続けることが難しくなった場合に、会社としてはどうすべきでしょうか?

     

     

    いままでの職種を続けることができなくなったのだから、退職してほしい、あるいは退職させてしまおうという判断もあり得ます。

    他の職種につけようとしても、必要な経験がなく、経営上不合理であることが多いです。

    しかし、結論から言えば、そのような場合でも、できる限り、他の職種を用意するのが正しい判断です。

     

     

     

    さらに、問題が生じるのは、会社が他の職種を用意した場合に、その職種に合わせた給与に変更してよいかどうかという点です。たとえば、いままで営業職として勤務してきた人を工場勤務に替える場合には、通常は営業手当は出なくなりますし、いままでドライバー職として勤務してきた人を別の勤務に替える場合は、通常は無事故手当は出なくなりますが、それでよいのでしょうか。

    場合によっては給与が大幅に下がり従業員が了解しないこともあります。

    しかし、仮に従業員が了解しなくても、会社として、新しい職種に基づく給与体系を適用するのが正しい判断です。

     

     

    このような問題に対応するために、日ごろから就業規則に、会社が必要に応じて従業員の配置転換をできることや、職種が変更になった場合はその職種の賃金規定が適用になることを定め、また、賃金規定に職種ごとの賃金体系を明記しておきましょう。

     従業員の怪我や病気、配置転換のトラブルでお困りの方はぜひ咲くやこの花法律事務所にご相談ください。

    ▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

    ○ 不当解雇の訴えに負けない会社を作る方法 https://kigyobengo.com/blog/141

    ○ 労働問題でお困りの方はこちら http://roumubengo.com/

    ○ ご相談はこちらから https://kigyobengo.com/contact

    ○ ブログの一覧はこちらから https://kigyobengo.com/blog

     

    ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

    顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、https://kigyobengo.com/adviser.htmlからお申し込みください。

    なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

    https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

     

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

    企業法務の取扱い分野一覧

    お問い合わせ状況

    昨日のお問い合わせ件数3
    今月のお問い合わせ件数51

    企業法務に強い弁護士紹介

    西川 暢春 代表弁護士
    西川 暢春(にしかわ のぶはる)
    大阪弁護士会、近畿税理士会/
    東京大学法学部卒
    小田 学洋 弁護士
    小田 学洋(おだ たかひろ)
    大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
    池内 康裕 弁護士
    池内 康裕(いけうち やすひろ)
    大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
    片山 琢也 弁護士
    片山 琢也(かたやま たくや)
    大阪弁護士会/京都大学法学部
    堀野 健一 弁護士
    堀野 健一(ほりの けんいち)
    大阪弁護士会/大阪大学
    荒武 宏明 弁護士
    荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
    大阪弁護士会/大阪大学文学部
    渕山 剛行 弁護士
    渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
    大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
    弁護士紹介一覧へ

    メディア掲載情報

    メディア掲載情報/フジサンケイビジネスアイ 「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
    メディア掲載情報一覧へ

    書籍出版情報

    「働き方改革」いよいよスタート!企業がやるべき〈直前〉実務対応

    著者:弁護士 池内 康裕
    発売日:2019年03月05日
    出版社:清文社
    ページ数:52ページ
    価格:400円

    書籍出版情報一覧へ

    運営サイト

    中小企業や士業(社労士・税理士)のための労務セミナー情報サイト
    弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube

    弁護士会サイト

    大阪弁護士会
    企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET遠方の方のご相談方法