プログラムや映像の著作人格権の処理と契約書の作成方法
IT・著作権について

プログラムや映像の著作人格権の処理と契約書の作成方法

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 2011年04月25日

     イラストやプログラム、ウェブコンテンツや、ゲームなどに関連する契約書を作る場合、著作権だけではなく著作人格権という権利に配慮する必要があります。

     

     先日、 ゲームを作る場合の著作権の処理についてお話ししましたので、引き続き、ゲームを例にとって、著作人格権についてお話ししたいと思います。

     

     たとえば、ゲーム制作会社がゲームの制作を他社に外注したり、フリーのスタッフに外注したりする場合は、

    外注に出したゲームのプログラムや映像の著作人格権をきちんと処理できているかどうかに気をつけなればなりません。


     では、そもそも著作人格権とはなんでしょうか。

     

     著作人格権の内容をいろいろあるのですが、その中で最も注意しなければならないのは、同一性保持権と呼ばれる権利です。

     同一性保持権とは著作物の内容について自分の意思に反して勝手に変更されないという著作者の権利です。


     注意しなければいけないのは、著作人格権とは著作権と全く別の権利で、契約によっても譲り受けることができないとされているのです。

     

     ですので、A社はB社からゲームの著作権を譲り受けることを契約書で明記していても、B社が著作人格権を行使することを妨げることはできません。

     

     仮に、A社がB社で制作させた映像をあとで修正したくなった場合、A社としてはいちいちB社に了解をもらわなければならず、しかもB社が了解しなければ修正できないということになってしまいます。

     

     では、どうすれば、このような事態を防げるでしょうか。

     

     通常は、A社とB社の契約書の中で、B社に「著作人格権は行使しない」ことを誓約してもらう方法をとります。

     

     この点を忘れると場合によってはゲームの修正にいちいちB社の許可を求めなければならず、納品後のゲームの運営に支障をきたす事態にもなりかねません。


     では、B社から「著作人格権は行使しない」ことを誓約してもらえば十分でしょうか。

     

     そうではありません。


     B社はもしかすると別のC社にゲームをさらに外注しているかもしれません。あるいは会社に発注しなくても、フリーのスタッフDに外注しているかもしれません。

     

     この場合、B社に著作人格権は行使しない旨の誓約をしてもらうだけでは足りず、CやDに対するフォローも必要になってきます。

     

     著作人格権の処理で困られた時は、顧問弁護士にご相談いただくか、当事務所までご相談くださ。

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

    企業法務の取扱い分野一覧

    お問い合わせ状況

    昨日のお問い合わせ件数5
    今月のお問い合わせ件数66

    企業法務に強い弁護士紹介

    西川 暢春 代表弁護士
    西川 暢春(にしかわ のぶはる)
    大阪弁護士会、近畿税理士会/
    東京大学法学部卒
    小田 学洋 弁護士
    小田 学洋(おだ たかひろ)
    大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
    池内 康裕 弁護士
    池内 康裕(いけうち やすひろ)
    大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
    片山 琢也 弁護士
    片山 琢也(かたやま たくや)
    大阪弁護士会/京都大学法学部
    堀野 健一 弁護士
    堀野 健一(ほりの けんいち)
    大阪弁護士会/大阪大学
    荒武 宏明 弁護士
    荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
    大阪弁護士会/大阪大学文学部
    渕山 剛行 弁護士
    渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
    大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
    弁護士紹介一覧へ

    メディア掲載情報

    メディア掲載情報/フジサンケイビジネスアイ 「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
    メディア掲載情報一覧へ

    書籍出版情報

    「働き方改革」いよいよスタート!企業がやるべき〈直前〉実務対応

    著者:弁護士 池内 康裕
    発売日:2019年03月05日
    出版社:清文社
    ページ数:52ページ
    価格:400円

    書籍出版情報一覧へ

    運営サイト

    中小企業や士業(社労士・税理士)のための労務セミナー情報サイト
    弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube

    弁護士会サイト

    大阪弁護士会
    企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET遠方の方のご相談方法