契約書に貼る印紙税について
閉じる
企業向け法律講座ブログ

契約書に貼る印紙税について

2011年01月14日

弊社はビルのオーナー会社で、テナントに持ちビルを賃貸しています。
今回、賃料を変更することになりました。「賃料変更の覚書」を交わそうと思うのですが、印紙を貼らなくても問題ありませんか?

印紙を貼る必要があります。 賃貸借契約の賃料を変更する文書には印紙の貼り付けが必要です。
印紙を貼らなければいけない文書かどうかは、文書の表題ではなく、内容によって決まります。
「賃料変更契約書」という表題ではなく、「覚書」という表題であっても、内容が賃料の変更であれば、印紙を貼る必要があります。

このたび業務委託先とこれまで委託してきた業務に関し、「秘密保持契約書」を作成することになりました。印紙を貼る必要はありますか?

印紙は必要ありません。 印紙を貼る必要がある文書は法律で定められています。
「秘密保持契約書」は印紙税の対象として法律にあがっていませんので、貼る必要はありません。

弊社は新しい取引先と「取引基本契約書」を作成しました。
契約書1通につき、4000円の印紙を貼る必要があると聞きました。印紙税節約のために、 契約書の原本を1通だけ作って取引先にお渡しし、弊社の分はコピーにしておこうと思うのですが、コピーに印紙を貼る必要がありますか?

契約書のコピーには印紙を貼る必要はありません。
契約書の原本を1通だけ作り、あとはコピーですませるのは、印紙税の合法的な節約方法ではあります。
ただし、コピーしかないとあとでトラブルになったときに、証明力が弱いといことがありますので、 重要な契約や金額が大きい契約には、この方法はおすすめできません。

▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

○ 取引基本契約書を作成する際の注意点 https://kigyobengo.com/blog/165

○ 契約書を作るときの注意点 https://kigyobengo.com/blog/contract/420

○ クレームでお困りの方はこちらから https://kigyobengo.com/https://kigyobengo.com/complaint

○ ご相談はこちらから https://kigyobengo.com/contact

○ ブログの一覧はこちらから https://kigyobengo.com/blog

 

 

ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、https://kigyobengo.com/adviser.html からお申し込みください。

なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

 

顧問実績170社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数6
今月のお問い合わせ件数44

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET