ミスが頻発する契約社員の更新をしないときの注意点
企業向け法律講座ブログ

ミスが頻発する契約社員の更新をしないときの注意点

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 2014年04月03日

    ミスの多い契約社員について契約の更新をしない決断をしたときに会社としてどのような点に注意するとよいでしょうか。

     参考となる事件として、東京地方裁判所平成23年10月31日の日本航空事件を紹介します。

     

     

    この事件は、日本航空が契約社員として勤務していた客室乗務員について、業務上のミスが多く、指導しても改まらないことなどを理由に、契約の更新を拒否ししたため、この乗務員が日本航空に契約の継続を求めて訴訟を起こした事件です。

     裁判所は、会社側の主張を認め、契約の更新を拒否したことは正当であったと判断しました。

     

     

    裁判所は、この乗務員について「一つ一つの過誤を取り上げてみれば,他の客室乗務員においても起こり得ることであるといえる。しかし,それが極めて多数回に及びまた繰り返されているということに問題があり,その点で上司らの見解が一致している。」として会社の主張を認めています。

    この裁判で会社側の主張が認められたのは、会社側が日々の乗務員の細かいミスについて記録を残しており、これを具体的に裁判で主張することができたという点が大きいと思われます。

     

     

    会社側は、

    ・ 乗客の手荷物を十分な説明を行わず収納したため,降機時に乗客から荷物が見あたらないとのクレームがあった。

    ・ 機内販売の際にクレジットカード売上票を渡し間違った

    ・ 乗客の靴にスープをこぼした

    など、といった日々の問題点を極めて多数、具体的な日時をあげて特定して主張しています。

     

     

    さらに、それについて、ベテランの指導員が指導にあたってきたが改善しなかったことも主張しており、こういったところが、会社側勝訴の結果につながりました。

     このように、労働事件では、いかに具体的に詳細な主張ができるかが、裁判での勝敗をわけます。

     

    ただし、日々の業務について、小さなミスに目を向けるのは従業員のやる気をそいでしまうかもしれません。

    よいところも改善すべきところも含めてできる限り各従業員個人に目を向けていくことが必要になってくると思います。

     

    裁判所でも結局、個々の従業員についてどの程度目を向けて指導していたかがポイントになってきます。

     

    契約社員の契約更新をめぐる労務の問題でお困りの企業様はぜひご相談ください。弁護士が経営者の立場にたってご相談をお受けします。

    ▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

    ○ 契約社員の雇用契約書での更新基準の定め方 https://kigyobengo.com/blog/3314

    ○ 派遣労働者を受け入れる場合に会社が注意しなければいけないこと https://kigyobengo.com/blog/1790

    ○ 労働問題でお困りの方はこちら http://roumubengo.com/

    ○ ご相談はこちらから https://kigyobengo.com/contact

    ○ ブログの一覧はこちらから https://kigyobengo.com/blog

     

    ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

    顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、https://kigyobengo.com/adviser.htmlからお申し込みください。

    なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

    https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

     

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

    企業法務の取扱い分野一覧

    お問い合わせ状況

    昨日のお問い合わせ件数5
    今月のお問い合わせ件数66

    企業法務に強い弁護士紹介

    西川 暢春 代表弁護士
    西川 暢春(にしかわ のぶはる)
    大阪弁護士会、近畿税理士会/
    東京大学法学部卒
    小田 学洋 弁護士
    小田 学洋(おだ たかひろ)
    大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
    池内 康裕 弁護士
    池内 康裕(いけうち やすひろ)
    大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
    片山 琢也 弁護士
    片山 琢也(かたやま たくや)
    大阪弁護士会/京都大学法学部
    堀野 健一 弁護士
    堀野 健一(ほりの けんいち)
    大阪弁護士会/大阪大学
    荒武 宏明 弁護士
    荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
    大阪弁護士会/大阪大学文学部
    渕山 剛行 弁護士
    渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
    大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
    弁護士紹介一覧へ

    メディア掲載情報

    メディア掲載情報/フジサンケイビジネスアイ 「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
    メディア掲載情報一覧へ

    書籍出版情報

    「働き方改革」いよいよスタート!企業がやるべき〈直前〉実務対応

    著者:弁護士 池内 康裕
    発売日:2019年03月05日
    出版社:清文社
    ページ数:52ページ
    価格:400円

    書籍出版情報一覧へ

    運営サイト

    中小企業や士業(社労士・税理士)のための労務セミナー情報サイト
    弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube

    弁護士会サイト

    大阪弁護士会
    企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET遠方の方のご相談方法