顧客紹介の際の紹介料に関する契約書と印紙税
閉じる
企業向け法律講座ブログ

顧客紹介の際の紹介料に関する契約書と印紙税

2011年01月14日

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

印紙税についてのご相談が多いので、今回も印紙税について書こうと思います。

客拡大のため紹介代理店制度を採用されている会社から、紹介代理店との間の紹介料を定めた契約書に印紙税の 貼り付けが必要なのかというご質問がよくあります。

この場合は、印紙税法にいう、「請負に関する契約書」にあたります。
紹介料について1万円未満の金額を定めた場合は非課税、1万円以上100万円未満の金額を定めた場合は 200円の印紙の貼り付けが必要になります。
紹介料について、取引成立額の5%などというように定額を記載しなかった場合は、 印紙税法に言う「契約の金額の記載がないもの」にあたり、やはり200円の印紙の貼り付けが必要になります。

印紙税法には「請負に関する契約書」のほかに「継続的取引の基本となる契約書」が印紙税の対象として記載されています。
この「継続的取引の基本となる契約書」の例として販売代理店契約等があげられることが多いのですが、 紹介代理店契約は販売代理店契約とは性質が異なり、「継続的取引の基本となる契約書」にはあたらない場合がほとんどですので注意が必要です。

紹介料についての契約書に関しては、印紙税のほかにも、たとえば紹介された顧客との間で契約締結に至ったが、 顧客が支払いを怠ったような場合にも、紹介料を支払わなければいけないのかなどの問題点があります。
将来のトラブルも予測して、トラブルを予防できる契約書を作成しておくことが大切です。

▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

○ 契約書に貼る印紙税について https://kigyobengo.com/blog/165

○ 契約トラブルを解決できる契約書の作り方① https://kigyobengo.com/blog/172

○ クレームでお困りの方はこちらから https://kigyobengo.com/https://kigyobengo.com/complaint

○ ご相談はこちらから https://kigyobengo.com/contact

○ ブログの一覧はこちらから https://kigyobengo.com/blog

 

ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、

https://kigyobengo.com/adviser.htmlからお申し込みください。

なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

顧問実績170社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

企業法務の取扱い分野一覧

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数0
今月のお問い合わせ件数53

企業法務に強い弁護士紹介

西川 暢春 代表弁護士
西川 暢春(にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会、近畿税理士会/
東京大学法学部卒
小田 学洋 弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
池内 康裕 弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
片山 琢也 弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部
堀野 健一 弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学
荒武 宏明 弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
大阪弁護士会/大阪大学文学部
米田 光晴 弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
大阪弁護士会/関西学院大学法学部
渕山 剛行 弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
弁護士紹介一覧へ

メディア掲載情報

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube
大阪弁護士会
企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET