警備業の新任教育について
その他

警備業の新任教育について

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 2012年02月20日

    今回は、警備業で義務付けられている新任教育についてお話します。

     

    行政処分によって警備業の経営が続けられなくなった場合に、事業譲渡や合併で当座をしのぐということはよくあります。

    事業譲渡や合併の後は、警備員は新しく別の会社で警備業務にあたることになります。

    このような中で、警備会社の合併や事業譲渡のときに、新任教育が必要という質問をよく受けます。

     

    これについては全国警備業協会編集の「警備業法の解説」につぎのように、解説されています。

     

     

    「警備会社の合併、分割等があった場合において、従前から警備業務に従事していた警備員を新たに使用することとなる警備業者が、改めて新任教育を行う必要があるか否かについては、

    原則として新任教育を要するが、当該警備員に教育を行っていた警備業者の事業の実態と当該警備員を新たに使用することとなる警備業者の事業の実態とに同一性が認められるきに限っては、改めて新任教育を行う必要はない。」

     

     

    この基準からすれば行政処分への対応として、警備業の許可のある新しい会社に事業を移転するようなケースでは、

    新任教育は必要です。

     

     

    これに対して、警備業を行っていた会社の子会社である警備会社が行政処分を受けたことから、子会社を親会社に吸収合併する処理をするようなケースでは、事業の実態が特に変更になるわけではありません。

    このような場合は、新任教育は不要と考えて問題ありません。

     

     

    ただし、いずれの場合でも、

    警備契約書や警備員名簿の作成は当然必要であり、細心の注意を払って取り組む必要があります。

     

     

    また、教育に関しては、

    教育実施簿に指導教育責任者が教育したと記載しているのに、実際はビデオ教育にして指導教育責任者は別の用事で社外に出ていたというようなケースで、教育義務違反を理由とする行政処分を科されるケースがおこっています。

     

     

    警備業では厳格な行政処分が多い中、

    警備業の経営者としては、法律通りの指導教育を徹底することが、会社を長く発展させるための最低条件となります。

     

     

    最近の教育義務違反の事例のほとんどんは、経営者が知らないうちに警備員の教育がおろそかになっていた、あるいは会社が大きくなって細部まで目が届かなくなっていたというパターンです。

     

    多くの営業所支店を持つ場合、指導教育責任者への管理がおろそかになりがちですが、そのようなことにならないように経営者として細心の注意を払う必要があります。

     

    当事務所では警備業者からの日頃のご相談を受け付けております。

    また、警備業の行政処分の際の都道府県警察への対応業務を専門的に行っております。

    ▼ この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

    ○ 警備業の行政処分(指示処分、免許停止、免許取消)に関する弁護士相談 https://kigyobengo.com/blog/other/403

    ○ 警備業の営業停止処分の流れ https://kigyobengo.com/blog/2650

    ○ クレームでお困りの方はこちらから https://kigyobengo.com/https://kigyobengo.com/complaint

    ○ ご相談はこちらから https://kigyobengo.com/contact

    ○ ブログの一覧はこちらから https://kigyobengo.com/blog

     

    ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

    顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、https://kigyobengo.com/adviser.html からお申し込みください。

    なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

    https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

     

     

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

    企業法務の取扱い分野一覧

    お問い合わせ状況

    昨日のお問い合わせ件数5
    今月のお問い合わせ件数66

    企業法務に強い弁護士紹介

    西川 暢春 代表弁護士
    西川 暢春(にしかわ のぶはる)
    大阪弁護士会、近畿税理士会/
    東京大学法学部卒
    小田 学洋 弁護士
    小田 学洋(おだ たかひろ)
    大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
    池内 康裕 弁護士
    池内 康裕(いけうち やすひろ)
    大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
    片山 琢也 弁護士
    片山 琢也(かたやま たくや)
    大阪弁護士会/京都大学法学部
    堀野 健一 弁護士
    堀野 健一(ほりの けんいち)
    大阪弁護士会/大阪大学
    荒武 宏明 弁護士
    荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
    大阪弁護士会/大阪大学文学部
    渕山 剛行 弁護士
    渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
    大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
    弁護士紹介一覧へ

    メディア掲載情報

    メディア掲載情報/フジサンケイビジネスアイ 「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
    メディア掲載情報一覧へ

    書籍出版情報

    「働き方改革」いよいよスタート!企業がやるべき〈直前〉実務対応

    著者:弁護士 池内 康裕
    発売日:2019年03月05日
    出版社:清文社
    ページ数:52ページ
    価格:400円

    書籍出版情報一覧へ

    運営サイト

    中小企業や士業(社労士・税理士)のための労務セミナー情報サイト
    弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube

    弁護士会サイト

    大阪弁護士会
    企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET遠方の方のご相談方法