「新型コロナウィルス」対策の取組みについて
企業法務お役立ち情報 労働問題・労務トラブル

「内部通報制度(公益通報制度)」必ずおさえておくべき4つのポイント!

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 「内部通報(公益通報)制度」必ずおさえておくべき4つのポイント
    • 西川 暢春(にしかわ のぶはる)
    • この記事を書いた弁護士

      西川 暢春(にしかわ のぶはる)

      咲くやこの花法律事務所 代表弁護士
    • 出身地:奈良県。出身大学:東京大学法学部。主な取扱い分野は、「問題社員対応、労務・労働事件(企業側)、クレーム対応、債権回収、契約書関連、その他企業法務全般」です。事務所全体で300社以上の企業との顧問契約があり、企業向け顧問弁護士サービスを提供。

    2020年6月、「公益通報者保護法」が改正され、従業員301人以上の企業や医療法人、学校法人、その他公益法人等に内部通報制度の整備を義務付けられることが決まりました(2022年6月までに施行予定)。

    内部通報制度(公益通報制度)は、法律の内容を理解して正しく制度設計することが重要です。

    内部通報制度(公益通報制度)をめぐっては、過去にも、内部通報担当者に対する損害賠償請求訴訟が起こされた事例(サントリーホールディングス事件)や、内部通報制度の通報窓口の守秘義務違反が裁判所で認定された事例(オリンパス事件)など多くのトラブルが報道されてきました。

    正しい制度設計をしたうえで、正しい運営をしなければ、事業者としての信頼を失うことになりかねません。

    今回は、消費者庁の内部通報に関するガイドラインの内容(平成28年12月改正版)も踏まえて、内部通報制度(公益通報制度)を作るときに必ずおさえておくべきポイントについてご説明します。

    また、公益通報者保護法改正による内部通報制度の整備義務化や過去の内部通報に関するトラブル事例についてもご説明します。

     

    弁護士西川からのワンポイント解説
    公益通報者保護法の改正後は、従業員数301人以上の事業者について内部通報制度(公益通報制度)の整備がされていないときは、行政による指導や勧告、事業者名公表の対象となりますので注意が必要です。

    一方、従業員300人以下の事業者については法改正後も内部通報制度(公益通報制度)の整備は努力義務とされていますが、内部通報制度はコンプライアンス経営の肝ともいえる部分であり、従業員数を問わず、整備する事業者が増えています。

     

    ▼【参考情報】内部通報制度に関する「咲くやこの花法律事務所の解決実績」は、以下をご覧ください。

    内部通報窓口に匿名で行われたハラスメントの通報について、適切な対処をアドバイスし、解決まで至った事例

     

    ▼【動画で解説】西川弁護士が「内部通報制度についておさえておくべき4つのポイント」を詳しく解説中!

     

    「咲くや企業法務.TV」YouTubeチャンネル登録のご案内はこちら

     

    ▼【関連情報】内部通報制度(公益通報制度)に関わる情報は、こちらも合わせて確認してください。

    内部通報窓口・公益通報窓口の設計パターン3つを解説

    「内部通報(公益通報)窓口」の弁護士への外部委託サービスについてはこちら

     

    ▼内部通報制度に関して今スグ相談したい方は、以下よりお気軽にお問い合わせ下さい。

    「咲くやこの花法律事務所」のお問い合わせページへ。

     

     

    1,内部通報制度(公益通報制度)とは

    内部通報制度とは?

    内部通報制度(公益通報制度)とは、会社の不正リスクの発見を容易にするために、社内の不正行為を発見した従業員等からの報告について、上司を通じた通常の報告ルートとは異なる報告ルートを設ける制度です。

    事業者内における通常の報告ルートは、上司を通じて、さらに上位者に報告をするというものです。

    しかし、不正行為に関する情報については、上司や経営者自身が不正に関与しているなどのケースでは、このような通常の報告ルートが働きません。

    そのため、通常の報告ルートとは別に、内部通報窓口を通じた報告ルートを設けて、不正発見のきっかけとする必要があります。

     

     

    「弁護士西川暢春からのワンポイント解説」
    内部通報制度は公益通報制度とも呼ばれ、同じ意味であると考えて差し支えありません。英語では「internal reporting system」とか「whistle-blowing system」などと呼ばれます。

     

    2,内部通報制度(公益通報制度)の目的

    内部通報制度(公益通報制度)の目的は、会社の不正リスクの発見を容易にすることにあります。

    内部通報制度を導入することで、会社が自社内で不正を発見し対処する作用(自浄作用)を発揮させ、コンプライアンス経営を実現することが制度の目的です。

     

    3,導入のメリット

    内部通報制度(公益通報制度)の導入のメリットとしては以下の4点があげられます。

     

    (1)社内の不正を早期に発見し対処することができる

    例えば横領行為が行われたときに被害額が小さいうちに気づき対処することに役立ちます。

     

    (2)行政機関や報道機関に外部通報されることを防ぐ

    社内で違法行為が行われたときに、内部通報制度がなければ、違法行為を発見した従業員が行政機関や報道機関に直接通報し、会社への社会的な評価が大きく損なわれるおそれがあります。

    内部通報制度が整備され周知されていることで、違法行為に関する情報が直接これらの機関に通報されることを防ぐ効果があります。

     

    (3)自浄作用のある事業者としての評価を得ることができる

    コンプライアンスに努力しても、不正リスクを完全にゼロにすることはできません。

    不正は常に起こりうることを前提に、内部通報制度により自社で不正を発見し解決できる事業者になることが、社会的な評価を高めることにつながります。

     

    (4)取引先からの信頼獲得に役立つ

    取引先の選定にあたり、内部通報制度が整備、運用されているかどうかを考慮する会社が増えています。

    消費者庁の調査では、取引先の選定にあたって内部通報制度の状況を考慮しているという企業等が「29%」、考慮することを検討中という企業等が「55%」を占めています。

     

     

    内部通報制度の整備は取引先からの信頼獲得の観点からも重要になりつつあります。

     

    4,内部通報制度(公益通報制度)を作るときに必ずおさえておくべき4つのポイント

    内部通報制度(公益通報制度)を作るときに必ずおさえておくべき4つのポイント

    それでは、内部通報制度(公益通報制度)を作るときに必ずおさえておくべきポイントについてみていきましょう。

     

    (1)通報に関する秘密保持の徹底

    内部通報制度(公益通報制度)を作るうえで最も重要なのは秘密保持の徹底です。

    消費者庁のガイドラインにおいても通報者が安心して通報することができるようにするために、厳格な秘密保持が求められています。

     

    1,通報者の氏名を秘密にする。

    まず、通報者が特定されないようにするために、通報者の氏名等について秘密とすることが必要です。

     

    2,通報があったことも秘密とする。

    通報者の氏名を秘密にしていても、通報内容について調査をする際に、通報による調査であることを調査対象者に伝えると、調査対象者が通報者を推測できてしまう危険があります。

    そのため、「通報があったことによる調査であること」についても原則として秘密にすることが求められています。

    この点、消費者庁の「公益通報者保護法を踏まえた内部通報制度の整備・運用に関する民間事業者向けガイドライン」(以下、「ガイドライン」といいます)には以下のように定められています。

     

    ▶参考情報:内部通報制度(公益通報制度)の整備・運用に関する 民間事業者向けガイドライン

    通報者の所属・氏名等や当該事案が通報を端緒とするものであること等、通報者の特定につながり得る情報は、通報者の書面や電子メール等による明示の同意がない限り、情報共有が許される範囲外には開示しない

     

    ガイドライン本文については以下をご参照ください。

    消費者庁のホームページ「ガイドライン」

     

    3,通報窓口の環境を整備する

    通報があった事実自体を秘密にするためには、通報窓口の環境が重要です。

    例えば、電話での通報の受付の際に、通報窓口担当者以外にも話し声が聴こえてしまうような環境であれば、通報があった事実を秘密にすることができません。また、面談での通報の際に誰が面談に来たかが窓口担当者以外にもわかってしまうというような環境では秘密保持ができません。

    通報が外部からわからないような窓口の環境整備が必要です。

    ガイドラインには以下のように定められています。

     

    ▶参考情報:内部通報制度(公益通報制度)の整備・運用に関する 民間事業者向けガイドライン

    通報の受付方法としては、電話、FAX、電子メール、ウェブサイト等、様々な手段が考えられるが、通報を受け付ける際には、専用回線を設ける、勤務時間外に個室や事業所外で面談する等の措置を適切に講じ、通報者の秘密を守ることが必要である。

     

    (2)法律事務所など経営陣から独立した通報窓口を設置する

    次におさえておきたい点は、経営陣から独立した通報窓口の設置が必要であるということです。

    ガイドラインでは以下の通り定められています。

     

    ▶参考情報:内部通報制度(公益通報制度)の整備・運用に関する 民間事業者向けガイドライン

    通常の通報対応の仕組みのほか、例えば、社外取締役や監査役等への通報ルート等、経営幹部からも独立性を有する通報受付・調査是正の仕組みを整備することが適当である。

     

    大きい不正は経営陣や経営幹部が関与して行われることが多く、そのような不正も通報できるようにするためには、通報窓口が経営陣から独立している必要があります。

    社内の総務部門や法務部門に通報窓口を設けることが多いですが、それだけでは経営陣からの独立性が十分ではありません。

    そのため、社外の法律事務所にも通報窓口となってもらうことを依頼し、社内通報窓口(総務部など)と社外通報窓口(法律事務所など)を併用することが適切です。

    内部通報窓口に関する制度設計については、以下の記事で詳しくご説明していますので、あわせてご参照ください。

     

     

    「弁護士西川暢春のワンポイント解説!」
    社外通報窓口を法律事務所に依頼する場合、自社の顧問弁護士に依頼することは不適切です。

    顧問弁護士は経営陣の利益を守るために活動する側面があり、経営陣の不正行為や社内の労働問題について通報があった場合に、顧問弁護士が通報窓口では公正な対応が困難になるためです。

     

    (3)不利益な扱いを受けないことを内部通報制度運用規程で明確にする

    不正の通報時に通報者が最も気にするのが、通報をしたことによって、自分が解雇されるなど不利益な扱いを受けないかどうかという点です。

    過去の消費者庁のアンケートでは、「通報をすると不利益な取り扱いを受けるおそれがある」と感じる従業員が「67%」にものぼっています。

    内部通報運用規程を整備し、通報者に対する不利益な取扱いをしてはならないことを明記しておく必要があります。

    ガイドラインでは以下の通り定められています。

     

    ▶参考情報:内部通報制度(公益通報制度)の整備・運用に関する民間事業者向けガイドライン

    内部規程に通報対応の仕組みについて規定し、特に、通報者に対する解雇その他不利益な取扱いの禁止及び通報者の匿名性の確保の徹底に係る事項については、十分に明記することが必要である。

     

    (4)通報後は公正な検討・調査が必要

    通報があったときは、通報内容について調査が必要かどうかを公正に検討し、調査が必要であればすみやかに調査を行わなければなりません。

    通報後の検討や調査が遅れると、通報者が会社の対応に失望して外部の行政機関やマスコミへの通報に発展します。その場合、最悪のケースでは、会社は通報を受けて不正事実を把握していたのに放置していたと評価されてしまいます。

    このような事態を避けるためには、通報後の検討や調査についてスピードと専門的なノウハウによる対応が重要です。社内の担当者まかせにせず、弁護士などの専門家の援助を受ける体制を整えておく必要があります。

     

    「弁護士西川暢春からのワンポイント解説」
    「人事労務上の不満やハラスメントの訴え」などが通報内容の多くを占めるようになると、「不正な売上計上や品質偽装、違法行為などのより重大な不正」の通報に対する検討や調査に十分なリソースを割くことができなくなるという問題があります。

    最近ではこの問題を解決するために、「不正の通報窓口」と「人事労務上の不満やハラスメントの訴えなどの不満の相談窓口」をわけて、別の担当者が対応する制度設計も提言されています。

    ハラスメント相談窓口については、以下の記事をご参照ください。

    ▶参考情報:ハラスメント相談窓口が義務化!おさえておきたい4つのポイント

     

    5,対象事項について

    内部通報制度(公益通報制度)では、法令違反、社内規程違反など広い範囲を対象に通報を受け付けるべきです。

    その中でも、特に重要な通報対象として以下のようなものがあげられます。

     

    (1)一般企業における通報対象事実

    一般企業で重要になる通報対象事実は以下のようなものがあります。

     

    • 不正な売上計上
    • 社内での横領行為
    • 取引先からのリベートの受領
    • 談合や贈収賄
    • 架空の経費を会社に請求する行為
    • データ偽装、品質偽装
    • ハラスメント
    • 違法労働

     

    (2)病院など医療法人の内部通報制度・院内報告制度における対象事実

    医療機関については、「医師法施行規則第15条の4」により、医療安全管理の適正な実施に疑義が生じた場合等に情報提供を受け付ける窓口の設置が義務付けられています。

    内部通報制度では、より広く以下のような項目が重要になります。

     

    • 正当な理由のない診療拒否
    • 児童虐待に関する通告義務違反
    • 違法な身体拘束や患者の虐待
    • 医療安全管理の適正な実施に疑義が生じた場合
    • 異常死の届出義務への違反
    • 医療事故の隠ぺい
    • 不適切な医療行為
    • 院内感染防止対策の不備
    • ハラスメント
    • 違法労働

     

    (3)学校法人における通報対象事実

    学校法人で重要になる通報対象事実は以下のようなものがあります。

     

    • 教職員による体罰
    • いじめの放置
    • 児童生徒への不適切な言動
    • 個人情報の不適切な取扱い
    • ハラスメント
    • 横領行為

     

    (4)地方自治体における通報対象事実

    地方自治体で重要になる通報対象事実は以下のようなものがあります。

     

    • 贈収賄
    • 秘密保持義務に対する違反
    • 職務専念義務違反
    • 手当の不正受給
    • 倫理指針、服務規律への違反
    • 個人情報の不適切な取扱い
    • ハラスメント
    • 横領行為

     

    6,内部通報制度(公益通報制度)の問題点

    一方、内部通報制度(公益通報制度)の問題点としては、「人事労務上の不満など、制度の趣旨にそぐわない通報に労力がかかってしまうことがある」という点があげられます。

    このように、内部通報制度(公益通報制度)の趣旨にそぐわない通報があったときも、通報に対応する手間がとられる点が、内部通報制度の問題点の1つです。

    このような問題点を避けるために、制度の設計や窓口の周知方法には工夫が必要です。

    また、内部通報窓口運営のノウハウが社内にないということも、内部通報制度導入のうえで課題となりやすい点の1つです。

    これについては、外部の弁護士などの専門家に社外通報窓口を委託するなどして、ノウハウ面でのサポートを受けることが可能で解決が可能です。

     

    7,公益通報者保護法改正による内部通報制度の整備義務化について

    公益通報者保護法改正による内部通報制度(公益通報制度)の整備の義務化の内容は以下の通りです。

    具体的な義務の内容は以下の通りです。

     

    (1)事業者の義務

    • 公益通報(内部通報)に応じ、適切に対処するために必要な体制を整備する義務
    • 内部通報制度の担当者(公益通報者対応業務従事者)を定める義務

     

    (2)内部通報制度担当者の義務

    • 内部通報制度の担当者(公益通報対応業務従事者)は、正当な理由なく、通報者の特定につながる情報を外部に漏らしてはならない。

     

    (3)違反時の罰則

    事業者が義務を怠り、内部通報制度を整備しないときは、行政による指導や勧告の対象となり、勧告に従わない場合は事業者名を公表できることが定められています。

    また、行政が事業者に対し内部通報制度の整備状況について報告を求めても、事業者が応じないときは、事業者に対し、20万円以下の過料が科されることが定められています。

    さらに、担当者が通報者の特定につながる情報を外部に漏らした場合は、30万円以下の罰金が科されます。

     

    (4)内部通報制度整備義務の対象事業者

    一般企業だけでなく、地方自治体や公益法人、学校法人、医療法人、社会福祉法人も義務の対象となります。

    ただし、従業員が300人以下の事業者については努力義務とされています。

     

    (5)消費者庁の民間事業者向けガイドラインの位置づけ

    消費者庁は内部通報制度について平成17年に民間事業者向けガイドラインを定め、平成28年12月にこれを改正しています。

    このガイドラインは、法的な拘束力があるものではありませんが、消費者庁が推奨する内部通報制度の整備内容を整理したものであり、内部通報制度の整備、運用の基準となるものです。

     

    最後に、公益通報者保護法改正案の概要については、以下の資料も参考にご覧下さい。

     

     

    8,過去のトラブル事例

    内部通報を受けた後の事業者の対応をめぐっては、適切な対応がされたかどうかをめぐって裁判紛争に発展するなど、紛争化するケースも見られます。

    実際に通報があったときに弁護士の支援を受けて内部通報に対応する体制を整備しておくことが必要です。

    過去のトラブル事例の代表的なものとして以下のものがあげられます。

     

    (1)千葉県がんセンター事件

    病院における麻酔科研修の問題点に関する内部通報について、通報者を担当の業務から外すなどの報復をしたとして、内部通報後の対応が違法であると判断された事例(東京高等裁判所平成26年5月21日判決 千葉県がんセンター事件)

     

    (2)サントリーホールディングス事件

    パワハラ被害についてのコンプライアンス室長への内部通報について、コンプライアンス室長が「パワーハラスメントに該当しないとの結論ありきの態度を取った」などとして損害賠償を請求した事例について、コンプライアンス室長の対応に違法性はないと判断した事例(東京地方裁判所平成26年7月31日 サントリーホールディングス事件)

     

    (3)オリンパス事件

    コンプライアンス室への内部通報後に行われた通報者に対する配転命令について一審では適法とされたが、控訴審で配転命令が違法であると判断された事例(東京高等裁判所平成23年8月31日 オリンパス事件)。

    一審判決は業務上の必要性を肯定し配転命令を適法と判断しましたが、控訴審では、配転命令は業務上の必要性とは無関係であり内部通報に対する制裁として行われたと判断されました。

     

    (4)IHI事件

    総合重工業メーカーIHIにおいて、国土交通省の立入検査により民間用航空機エンジンの整備で検査不正が発覚した件で、約9ヶ月前に、内部告発により、検査不正の指摘があったにもかかわらず、適切な調査が行われず、現場で不正を隠ぺいしていたことが発覚し、2019年3月報道されました。

     

    (5)ボッシュ事件

    自動車整備機器の輸入販売などを事業とする会社で、会社が内部告発を受けて対応をし、内部告発に理由がないことを知った後も、自己の異動希望を実現させるという個人的な目的のために、会社からの警告を無視して執拗に内部通報を続けたケースについて、この通報者の解雇を適法とした事例(東京地方裁判所平成25年3月26日判決)

     

    (6)田布施町事件

    2020年6月、山口県田布施町で固定資産税の徴収ミスを内部告発した男性職員が町の刊行物を作成するために新設された1人だけの部署に異動させた件について、職員との紛争が報道されました。

     

    9,内部通報制度運用規程の規程例

    内部通報制度の導入にあたっては、内部通報制度運用規程で、通報の秘密保持や通報者の不利益取り扱いの禁止、通報があった場合の対応などを定める必要があります。

    内部通報制度運用規程については、過去に消費者庁から様々な規程例が公表されていますので、参考にしてください。

     

     

    なお、上記の規程集は、消費者庁が業種ごとに使用されている内部通報制度の事例を収集して掲載したものです。

     

    【掲載業種】

    建設業、製造業、情報通信業、運輸業、卸売・小売業、金融・保険業、専門・技術サービス業、サービス業、医療・福祉、教育・学習支援業

     

    「弁護士西川暢春からのワンポイント解説」
    これらの規程例は自社の内部通報制度運用規程を定めるうえで有用な参考資料になりますが、いずれも平成28年12月のガイドライン改正前のものであることに注意してください。

    ガイドラインの内容や自社の状況にあわせて内容を修正する必要があります。

     

    10,実効的な内部通報制度を作るために必要なこと

    最後に実効的な内部通報制度を作るために重要なポイントをあげると以下の通りです。

     

    • 内部通報制度の周知に取り組み、制度の意義について社内の理解を深める努力をする
    • 匿名での内部通報も受け付けることを明確にする
    • 内部通報に関する相談や質問を受け付ける体制を整備する
    • 海外にも従業員がいる場合は、多言語対応を検討する
    • 内部通報制度の運用実績(通報件数や対応結果)を社内で公表することにより、制度に対する信頼性を高める。

     

    これらの課題に継続的に取り組んでいくことで、内部通報制度の実効性を高めることが重要です。

     

    【参考】消費者庁による実態調査について

    消費者庁が平成30年に行った内部通報制度の実態調査の労働者向けアンケートでは、制度を利用しやすくするために望むこととして以下の点があがっています。

     

    • 通報・相談窓口を社外の第三者機関に設置する:11%
    • 通報・相談することを認め合う職場風土を作る:12%
    • 通報・相談窓口の利用が他の従業員に分からないようにする:20%
    • 通報・相談窓口の利用方法等を周知する:27%
    • 通報・相談窓口を利用したことにより不利益を被らない仕組みを作る:34%

     

    このような実態調査の結果も参考にしながら、内部通報制度を通報者の立場から利用しやすい制度にしていくことが必要です。

     

    11,内部通報制度の認証制度とは

    内部通報制度の認証制度とは、事業者の内部通報制度が消費者庁のガイドラインの基準を満たすかどうかについて、第三者的な指定登録機関が審査し、認証する制度です。

    現在、公益社団法人商事法務研究会がこの事業を行っています。

     

     

    (1)内部通報制度認証取得のメリット・デメリット

    認証の取得は義務ではなく、実際にも認証を受けた事業者はごく一部の事業者にとどまっています。

     

    ▶参考情報:登録事業者一覧

     

    認証を受けるメリット、デメリットとしては以下の点があげられます。

     

    メリット:

    自社の内部通報制度が消費者庁のガイドラインの内容に適合するものであることについて第三者からの認証を得ることができ、社内での信頼性や、社会的な自社に対する評価を高めることができる。

     

    デメリット:

    費用と労力がかかる。

     

    なお、費用については以下の通りとなっています。

    登録を維持するためには1年ごとに更新が必要です。

     

    ▶参考情報:内部通報制度認証の登録申請料

    登録申請料 登録更新申請料
    大規模事業者 70万円 52万円
    中規模事業者 50万円 37万円
    小規模事業者 30万円 22万円

     

    12,咲くやこの花法律事務所なら「こんなサポートができます。」

    咲くやこの花法律事務の弁護士によるサポート内容

    最後に、咲くやこの花法律事務所における内部通報制度についてのサポート内容をご説明したいと思います。

     

    (1)内部通報制度の構築のご相談
    (2)内部通報窓口の依頼
    (3)通報内容に関する検討、調査
    (4)内部通報制度に関する社内研修

     

    以下で順番にご説明します。

     

    (1)内部通報制度の構築のご相談

    内部通報制度は、不正や不祥事を早期に発見し、会社を守るために非常に重要な制度です。

    内部通報制度が適切に構築されていなければ、場合によっては巨額の損害が発生することもあり得ます。

    企業としては適切に内部通報制度を構築すべきですが、専門的なノウハウが必要な分野ですので、自社だけではなかなか難しい面があると思われます。

    咲くやこの花法律事務所では、企業法務に精通した弁護士が、内部通報制度の構築に関する相談を随時承っております。

    会社の状況や希望を丁寧に伺い、最適な内部通報制度の構築をご提案いたします。内部通報制度の構築にお悩みの企業の方は、ぜひ咲くやこの花法律事務所にご相談ください。

     

    咲くやこの花法律事務所の企業法務に強い弁護士による内部通報制度の構築に関する弁護士費用例

    ●初回相談料:30分5000円+税
    ●内部通報規程の作成:15万円+税~

     

    (2)内部通報窓口の依頼

    この記事でもご紹介しましたように、内部通報窓口を社外の顧問弁護士ではない法律事務所に委託することで、経営陣から独立し、秘密保持が徹底された通報ルートを確保することができます。

    このような社外窓口は、通報者に安心感を与えるため、通報しやすく、通報に際しての相談に対しても対応可能な最適な内部通報窓口といえます。

    咲くやこの花法律事務所でも、内部通報窓口の設置についてのご依頼を常時承っています。

    内部通報窓口として企業法務に精通した弁護士が担当窓口となり、内部通報に対応することができます。

    内部通報窓口を顧問先弁護士以外の法律事務所に委託することを検討されている企業、医療法人、学校法人、地方自治体等の方は、ぜひ咲くやこの花法律事務所にご相談ください。

     

    咲くやこの花法律事務所の企業法務に強い弁護士による内部通報窓口の依頼に関する弁護士費用例

    ●内部通報窓口の依頼:従業員数に応じて以下の費用となります。

     

    従業員数300名未満:月額3万円+税
    従業員数300名~999名:月額5万円+税
    従業員数1000名~2999名:月額7万円+税
    従業員数3000名~:月額8万円+税

     

    ※ 通報があった際の対応方法や調査方法について弁護士にご相談いただく費用についても上記に含まれます。

     

    (3)通報内容に関する検討、調査

    内部通報がなされた場合、通報内容を十分検討し、調査が必要なものとそうでないものにわける必要があります。

    また、調査が必要な場合は早期に適切な調査を行うことは、会社の信頼を回復するための措置を迅速にとることができます。

    咲くやこの花法律事務所では、企業で生じ得る不祥事の相談を常時承っており、その解決実績も豊富です。

    咲くやこの花法律事務所の企業法務に精通した弁護士が、専門的なノウハウをもとに通報内容に対する検討、調査を行い、今後の対応についてアドバイスをさせていただきます。

     

    咲くやこの花法律事務所の企業法務に強い弁護士による通報内容に関する検討、調査に関する弁護士費用例

    ●初回相談料:30分5000円+税
    ●調査費用:30万円+税~

     

     (4)内部通報制度に関する社内研修

    内部通報制度を実効的なものにするためには、内部通報制度の周知に取り組み、制度の意義について社内の理解を深める努力をすることが必要です。

    咲くやこの花法律事務所では、弁護士が社内研修の講師として、内部通報制度の意義や制度内容を説明し、制度の周知をサポートする取り組みも行っています。

     

    ▶参考情報:従業員向けの現場で役に立つコンプライアンス研修の実施方法については、以下の記事を参考にご覧下さい。

    現場で役に立つコンプライアンス研修の実施方法。参加者も大満足!

     

    咲くやこの花法律事務所の企業法務に強い弁護士による社内研修に関する弁護士費用例

    ●初回相談料:30分5000円+税
    ●研修費用:10万円+税~

     

    13,咲くやこの花法律事務所のサービス内容について「よくあるご質問」

    内容通報窓口サービスの内容についてよくあるご質問を以下でご紹介しています。

     

    (1)通報の受付について

    Q1:フリーダイヤルや専用のメールアドレスを作ってもらえますか?

    はい、専用回線のフリーダイヤル、御社名を入れた専用のメールアドレスを作ります。

     

    Q2:通報の対応時間を教えてください。

    電話での通報の対応は平日9時から18時までです。メールや郵便での通報には時間の制限はありません。

     

    Q3:ハラスメントの通報もあるのですが対応は可能でしょうか?

    はい、対応可能です。ハラスメントの通報も、その他の通報と同様に対応いたします。

     

    Q4:通報の受付の方法はどのようなものですか?

    電話、メール、郵便のいずれかの方法によります。

     

    Q5:法律事務所に外部窓口を依頼するメリットはどのようなものですか?

    内部通報があった場合、通報内容を十分検討し、調査が必要なものとそうでないものに分ける必要があります。また、調査が必要な場合は早期に適切な調査を行うことが重要です。

    通報について対応方針が決まらないまま、時間を経過させると、通報者の不信を買い、外部にリークされるなど重大な問題に至ります。

    咲くやこの花法律事務所では、企業法務に精通した弁護士が通報内容を確認し、通報後の対応について担当者にアドバイスをさせていただきます。

    この点は、法律事務所のみが行うことができる重要なサポートです。

     

    Q6:外部窓口を設置するメリットはどのようなものですか?

    内部通報窓口を社外の顧問弁護士ではない法律事務所に委託することで、経営陣から独立し、秘密保持が徹底された通報ルートを確保することができます。

    このような社外窓口は、通報者に安心感を与えるため、通報しやすい最適な内部通報窓口といえます。

     

    Q7:役員、退職者、派遣社員、子会社従業員、関連会社従業員等も通報対象に入れることは可能ですか?

    はい、可能です。

     

    Q8:従業員数が30名の会社ですが対応可能ですか?

    はい、中小企業からのご依頼にも対応しております。

     

    Q9:医療法人ですが対応可能ですか?

    はい、株式会社のほか、医療法人や学校法人、地方自治体、公益法人などからのご依頼にも対応しています。

     

    (2)通報があった場合の対応について

    Q1:匿名での通報についてはどのような対応になりますか?

    匿名での通報も受け付けることを原則としています。

    ただし、匿名では調査が難しくなるようなケースでは、できるだけ顕名での通報に切り替えていただくように通報者にお願いしています。

    ただし、その場合でも匿名を通される方も多く、その場合は、匿名のままの通報の受付となります。

     

    Q2:内部通報を受けた場合に、調査方法などについて弁護士の助言を受けることは可能ですか?

    はい、調査方法や調査の要否について弁護士の助言を受けることが可能です。

     

    Q3:会社へのレポートはどの様な形式で行って頂けますか?

    原則としてメールによるレポートになります。

    その他、会社のご要望にあわせた対応も可能です。

     

    (3)料金について

    Q1:初期費用がかかりますか?

    内部通報規程がすでに整備されている場合は、初期費用はかかりません。

    規程がない場合は、規程の作成費用をいただいております。

     

    Q2:月額の費用についてはどのように決まりますか?

    月額の費用については現在の従業員数を基準に決めています。

    詳細は以下をご参照ください。

     

    ▶参考情報:サービス料金のご案内

     

    なお、退職者を通報者に含める場合は、原則として、現従業員数に基づく月額の費用に20%の加算をさせていただいています。

    また、取引先等を通報者に含める場合は、人数の把握が困難ですが、上記の従業員数による月額費用をベースに、依頼者との協議により費用を決定させていただいています。

     

    Q3:従業員数の確認のために何か資料が必要ですか?

    新規のご契約の際は従業員数に関する資料は特にいただいておりません。契約更新の際は、労働保険料の保険料申告書等により、雇用保険被保険者数を確認させていただいております。

     

    Q4:通報者の相談は何度でも月額の費用に含まれますか?

    通報窓口として必要となる通報者の相談( 通報者の疑問や不安を解消するため、通報の取扱いや 通報者保護の仕組みに関する質問・相談)への対応は原則として何度でも月額の費用に含まれます。

    ただし、実際に稼働してみないと通報件数などがわからない面があるため、契約書上、通報件数、委嘱事務、稼働時間の増加等により、弁護士報酬が不相当となったときは、協議の上、月額費用の増額をお願いすることがあることを記載させていいただいています。

    実際に増額をお願いしなければならないようなケースはほとんどなく、基本的に月額の費用の中で対応しています。

     

    Q5:通報があった場合の弁護士による相談は別費用ですか?

    通報についての対応方法に関する弁護士へのご相談については別費用はいただいておりません。月額費用の中で対応しています。

     

    (4)ご契約までの流れについて

    Q1:東京の会社なのですがご依頼は可能でしょうか?

    遠方の会社でもご依頼には全く問題ありません。

     

    Q2:依頼するためには事務所への来所が必要ですか?

    来所いただかなくてもご依頼が可能です。

     

    Q3:依頼する場合にどのような流れになりますか?

    内部通報窓口委任契約書をお送りいたしますので、ご返送いただきますようにお願いいたします。

    ご返送後に内部通報窓口を設置いたします。

    また、契約にあたり、現在の御社の内部通報規程を確認させていただく必要があります。内部通報規程に修正すべき点がある場合は、若干の手直しをさせていただくことがあります(無料)。

    内部通報規程が現在ない場合は、有料になりますが作成いたします。

     

    「弁護士西川暢春からのご案内」
    咲くやこの花法律事務所では、内部通報窓口の依頼をご検討の企業様向けに弁護士からより詳細なご説明を差し上げています。上記のほかにご不明な点がありましたら、気軽にお問い合わせください。

     

    14,「咲くやこの花法律事務所」の弁護士に問い合わせる方法

    咲くやこの花法律事務所の労働問題に強い弁護士による内部通報制度に関するサポート内容は、「労働問題に強い弁護士について」のこちらのページもご覧下さい。

    また、今すぐお問い合わせは以下の「電話番号(受付時間 9:00〜23:00)」にお電話いただくか、メールフォームによるお問い合わせも受付していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

    「咲くやこの花法律事務所」のお問い合わせページへ。

     

    15,内部通報制度についてお役立ち情報も配信中(メルマガ&YouTube)

    内部通報制度に関するお役立ち情報について、「咲くや企業法務.NET通信」のメルマガ配信や「咲くや企業法務.TV」のYouTubeチャンネルの方でも配信しております。

     

    (1)無料メルマガ登録について

    企業法務に役立つ無料のメールマガジン「咲くや企業法務.NET通信」

    上記のバナーをクリックすると、メルマガ登録ページをご覧いただけます。

     

    (2)YouTubeチャンネル登録について

    咲くや企業法務.TVのチャンネル登録

    上記のバナーをクリックすると、YouTubeチャンネルをご覧いただけます。

     

    16,まとめ

    今回は、内部通報制度の目的と導入のメリット、問題点をご説明したうえで、制度設計において必ずおさえておくべき点として以下の内容をご説明しました。

     

    • 通報に関する秘密保持を徹底する
    • 経営陣からの独立した通報窓口を設置する。
    • 不利益な扱いを受けないことを内部規程で明確にする
    • 通報後は公正な検討・調査が必要

     

    また、制度を導入した後に、制度を実効的なものにするためのポイントについてもご紹介しました。

    この記事が、実効性のある内部通報制度の構築に役立てば幸いです。

     

     

    記事作成弁護士:西川 暢春
    記事更新日:2020年07月09日

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 自社の「労務トラブル」発生の危険が、今スグわかる。労務管理チェックシート無料プレゼント!

    同じカテゴリの関連記事を見る

    企業法務お役立ち情報労働問題・労務トラブル

    パワハラ防止措置・防止対策と発生時の判断基準・懲戒処分について

    企業法務お役立ち情報労働問題・労務トラブル

    パワハラ(パワーハラスメント)を理由とする解雇の手順と注意点

    企業法務お役立ち情報労働問題・労務トラブル

    部下からパワハラで訴えられた時、パワハラと言われた時の必要な対応

    企業法務お役立ち情報労働問題・労務トラブル

    平成29年職業安定法改正!求人トラブル防止のための4つの注意点

    他のカテゴリから記事を探す

    情報カテゴリー

    ご覧になりたい「カテゴリーをクリックしてください」

    企業法務に役立つ無料のメールマガジン「咲くや企業法務.NET通信」

    ソーシャルメディアで
    最新情報をチェック!

    • facebook
    • twitter
    • twitter

    お問い合わせ状況

    昨日のお問い合わせ件数4
    今月のお問い合わせ件数43
    顧問実績140社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

    企業法務の取扱い分野一覧

    企業法務に強い弁護士紹介

    西川 暢春 代表弁護士
    西川 暢春(にしかわ のぶはる)
    大阪弁護士会、近畿税理士会/
    東京大学法学部卒
    小田 学洋 弁護士
    小田 学洋(おだ たかひろ)
    大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
    池内 康裕 弁護士
    池内 康裕(いけうち やすひろ)
    大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
    片山 琢也 弁護士
    片山 琢也(かたやま たくや)
    大阪弁護士会/京都大学法学部
    堀野 健一 弁護士
    堀野 健一(ほりの けんいち)
    大阪弁護士会/大阪大学
    渕山 剛行 弁護士
    渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
    大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
    弁護士紹介一覧へ

    メディア掲載情報

    メディア掲載情報/フジサンケイビジネスアイ 「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
    メディア掲載情報一覧へ

    書籍出版情報

    「働き方改革」いよいよスタート!企業がやるべき〈直前〉実務対応

    著者:弁護士 池内 康裕
    発売日:2019年03月05日
    出版社:清文社
    ページ数:52ページ
    価格:400円

    書籍出版情報一覧へ

    運営サイト

    弁護士西川暢春の咲くや企業法務TV
    中小企業や士業(社労士・税理士)のための労務セミナー情報サイト
    弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube

    弁護士会サイト

    大阪弁護士会
    企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET遠方の方のご相談方法