閉じる
企業法務お役立ち情報 知的財産(著作権・商標など)

ホームページ制作で素材サイトのフリー素材を使う際の著作権上の注意点

  • シェア
  • ツイート
  • はてブ
  • Google+
  • LINEで送る
  • ホームページ制作に素材サイトの画像を利用する際の著作権の注意点

    自社のホームページ制作、WebサイトやWebメディアの運用に、画像やイラストの素材ダウンロードサイトからダウンロードした素材を利用されている会社も多いと思います。

    画像やイラストの素材ダウンロードサイトからダウンロードした素材の著作権の確認は大丈夫でしょうか?

    画像やイラストの素材ダウンロードサイトの素材の利用については、「フリーサイトから入手したものだとしても、識別情報や権利関係の不明な著作物の利用を控えるべき」とした裁判所の判決が出ており、著作権の確認に注意が必要です(東京地方裁判所平成27年4月15日判決)。

    今回は、この判決も踏まえて、ホームページ制作やWebサイト運営に素材ダウンロードサイトからダウンロードしたフリー素材などの画像やイラストを利用する際の注意点についてご説明したいと思います。

     

    ▶参考:著作権分野に関する咲くやこの花法律事務所の解決実績は、こちらをご覧ください。

     

    ▼【関連情報】著作権関連に関わる情報は、こちらも合わせて確認してください。

    弁護士が作成する著作権譲渡契約書。安易な雛形利用が危険な解説付

    イラストや画像の著作権侵害の判断基準は?どこまで類似で違法?

    著作者人格権とは?わかりやすく解説

    ネットの画像や原稿を引用する際の正しい方法【著作権侵害に注意】

    著作権侵害トラブルに強い弁護士へ相談

     

    ▼画像やイラストの著作権について弁護士に今スグ相談したい方は、以下よりお気軽にお問い合わせ下さい。

    「咲くやこの花法律事務所」のお問い合わせページへ。

    【お問い合わせについて】

    ※個人の方からの問い合わせは受付しておりませんので、ご了承下さい。

     

     

    今回の記事を読めばわかること

    最初にこの記事を読めばわかることを一覧でご紹介しておきます。

    気になる項目は記事内の詳しい解説をご覧下さい。

     

    ●ホームページ制作やWebサイト運営で素材サイトのフリー素材などの画像やイラストを利用する際の著作権の注意点がわかります。
    ●ダウンロードしたフリー画像やイラスト素材について利用前に確認しておくべきポイントがわかります。
    ●万一の著作権トラブルに備えて準備しておくべき事柄がわかります。
    ●咲くやこの花法律事務所なら「フリー素材の画像やイラストの著作権について、こんなサポートができます!」
    ●著作権の相談に強い「咲くやこの花法律事務所」の弁護士へのお問い合わせ方法
    ●フリー素材の著作権についてお役立ち情報も配信中!無料メルマガ登録について
    ●フリー素材の画像やイラストに関連するその他の著作権お役立ち情報

     

    それでは、最初に「ホームページ制作やWebサイト運営で素材サイトのフリー素材などの画像やイラストを利用する際の著作権の注意点」について詳しくみていきましょう。

     

    1,ホームページ制作で素材サイトのフリー素材などの画像やイラストを利用する際の著作権の注意点

    ホームページ制作やWebサイト運営で画像やイラストの素材ダウンロードサイトのフリー素材などを利用する際は、以下の2点に注意が必要です。

     

    画像やイラストの素材ダウンロードサイトのフリー素材などを利用する場合の注意点2つ

    注意点1:
    ダウンロードした素材が他人の著作権を侵害していて、著作権トラブルになるリスクがある。

    注意点2:
    ダウンロードした素材が著作権を侵害していた場合は、利用者が賠償責任を負う可能性がある。

     

    以下で順番に注意点について詳しくご説明したいと思います。

     

    注意点1:
    ダウンロードした素材が他人の著作権を侵害していて、著作権トラブルになるリスクがある。

    この点は、素材ダウンロードサイトでダウンロードできるフリー素材が、そもそもどのようにして制作されたものなのかを考えるとよく理解できます。

    一般には、素材ダウンロードサイトでダウンロードできる素材には以下の3種類が考えられます。

     

    画像やイラストの素材ダウンロードサイトでダウンロードできる素材の種類

    (1)ダウンロードサイトの運営会社が自社で制作した素材。
    (2)ダウンロードサイトの運営会社が制作会社に報酬を支払って制作させた素材。
    (3)制作会社や写真家が作成して素材ダウンロードサイトにアップロードした素材を、ダウンロードサイトの運営会社が委託を受けて代理販売あるいは無償提供している素材。

     

    このうち、特に「(3)」の制作会社や写真家が作成して画像やイラストの素材ダウンロードサイトにアップロードした素材は、各素材についてダウンロードサイトの運営会社が1つずつ著作権の確認を行っているわけではありません。

    そのため、著作権についての意識が低い投稿者が、「第三者のウェブサイトに掲載されている画像やイラスト」あるいは「別のダウンロードサイトからダウンロードした画像やイラスト」を無断でアップロードしてしまうリスクがあることが否定できません。

    このように、写真やイラストの素材ダウンロードサイトにはその仕組み上、著作権侵害の素材が混じり込むリスクがあることをまずおさえておく必要があります。

     

    注意点2:
    ダウンロードした画像やイラスト素材が著作権を侵害していた場合は、利用者が賠償責任を負う可能性がある。

    もし、画像やイラストのダウンロードサイトからダウンロードしたフリー素材などが著作権を侵害していた場合、その素材を使用していたホームページやWebサイトの運営者が著作権侵害の責任を問われることになります。

    具体的には、著作権者から「素材の使用の中止」と、「過去の使用についての損害賠償」を請求されます。

    利用者が著作権侵害を知らずにダウンロードした画像やイラストのフリー素材などであっても、著作権者から賠償請求を受けたり訴訟を起こされたりするのは、ダウンロードサイトの運営会社ではなく、ホームページやWebサイトを運営している利用者自身です。

    このように、画像やイラストの素材ダウンロードサイトのフリー素材などを利用する際の注意点として、「ダウンロードした素材が他人の著作権を侵害していた場合は、利用者が著作権侵害の損害賠償責任を負担するリスクがある」という点をおさえておきましょう。

     

    ▼画像やイラストの著作権について弁護士に今スグ相談したい方は、以下よりお気軽にお問い合わせ下さい。

    「咲くやこの花法律事務所」のお問い合わせページへ。

    【お問い合わせについて】

    ※個人の方からの問い合わせは受付しておりませんので、ご了承下さい。

     

    2,ダウンロードしたフリー画像やイラスト素材について利用前に確認しておくべきポイント

    前述したような著作権侵害トラブルのリスクを少しでも減らすために、画像やイラストの素材ダウンロードサイトを利用する際は、ダウンロードしたフリー素材などについて以下の2点を必ず確認しておきましょう。

     

    ダウンロードしたフリー画像やイラスト素材などについて必ず確認しておくべき2つのポイント

    ポイント1:
    ダウンロードサイトの利用規約を確認する。

    ポイント2:
    素材について、著作権の帰属を確認する。

     

    以下で順番に上記のポイントについて詳しくご説明したいと思います。

     

    ポイント1:
    ダウンロードサイトの利用規約を確認する。

    前述のとおり、ダウンロードしたフリー素材などの画像やイラスト素材が第三者の著作権を侵害していた場合、利用者自身が著作権者から、賠償請求等を受けることになります。

    そして、その場合、利用者としては画像やイラストのダウンロードサイトの運営会社に対して自分が負担した金額を請求することが考えられます。

    このような場合に、画像やイラストのダウンロードサイト運営者が利用者が支出した賠償額等を負担してくれるのかどうかについては、ダウンロードサイトの利用規約で定められていることが通常ですので、ダウンロードした素材を利用するかどうかを決める前に、あらかじめ利用規約を確認しておくことをお薦めします。

    たとえば、ダウンロードサイトの「PIXTA(ピクスタ)」の利用規約には、以下のとおり記載があります。

     

    ▶参考:「PIXTA(ピクスタ)」利用規約の引用

    『当社は、本サービス上のコンテンツ、付随するタグ表記、タイトル又は情報(コンテンツに係る著作権、肖像権、パブリシティ権その他財産権の表示を含む)の正確性及び完全性を保証することはできません。本サービス上にコンテンツ及び情報を提供する場合、及び本サービス上のコンテンツを購入し使用する場合、ユーザー、会員、及びクリエイター会員はいずれも、本規約を遵守し、自己の責任において行うものとします。 』

     

    これは、要するに、「もし、ダウンロードした素材で著作権トラブルになっても、PIXTA(ピクスタ)は責任はとらない」ということを意味しています。

    このような場合は、画像やイラストのダウンロードサイトの運営者に賠償金の負担を求めることは難しいですので、その点を理解したうえで素材を利用する必要があります。

     

    ポイント2:
    素材について、著作権の帰属を確認する。

    冒頭であげた(東京地方裁判所平成27年4月15日判決)は、「フリーサイトから入手したものだとしても、識別情報や権利関係の不明な著作物の利用を控えるべき」と判示しています。

    そのため、ダウンロードした画像やイラストのフリー素材などを利用する前に、その素材が第三者の著作権を侵害していないかどうかを調べる必要があります。

    しかし、これについては、確実な著作権の確認の手段は、実際上、存在しません。

    それでも、ダウンロードした画像やイラスト素材を画像検索で検索してみて、ダウンロードサイト以外の別の場所にアップされていないかどうかを確認することにより一定の目星をつけることはできます。

    例えば、画像検索の結果、オリジナルと思われる画像を掲載したホームページやWebサイトを見つけたときは、そのホームページやWebサイトに掲載されていた画像を、第三者が無断で素材ダウンロードサイトにアップロードした可能性もあると考えられます。

    また、画像やイラストのフリー素材のダウンロードサイトからダウンロードした素材が、別の有料ダウンロードサイトにも掲載されていることを発見した時は、第三者が有料ダウンロードサイトからダウンロードした素材を、無断で無料ダウンロードサイトにアップロードした可能性があると考えられます。

    このような場合には、著作権を侵害している可能性があると考え、その素材の利用を控えることが賢明です。また、ダウンロードした画像やイラスト素材について、作成者の表記がされているかも確認しましょう。

    作成者が表記されていない素材については利用を控えることが賢明です。

    このように、ダウンロードした画像やイラストの素材についての確認のポイントとして、「利用規約を確認すること」と、「素材について別のホームページやWebサイトにもアップロードされていないか確認してみること」、「作成者の表記を確認すること」が、重要なポイントになりますのでおさえておきましょう。

     

    ▼画像やイラストの著作権について弁護士に今スグ相談したい方は、以下よりお気軽にお問い合わせ下さい。

    「咲くやこの花法律事務所」のお問い合わせページへ。

    【お問い合わせについて】

    ※個人の方からの問い合わせは受付しておりませんので、ご了承下さい。

     

    3,万一の著作権トラブルに備えて準備しておくべき事柄とは?

    ダウンロードした画像やイラスト素材が、別のホームページやWebサイトにアップロードされていないか確認したうえで利用していても、あとで、著作権者があらわれ、著作権侵害が発覚する可能性はゼロではありません。

    そのために、画像やイラストの素材ダウンロードサイトを利用するときは、あとで著作権侵害のトラブルが発生する可能性があることを意識して、以下の点を準備しておくべきです。

     

    素材ダウンロードサイトを利用する際に、万一の著作権トラブルに備えて準備しておくべき4つのポイント

    ポイント1:
    どのダウンロードサイトからダウンロードしたのか、素材ごとにダウンロードサイトのURLを記録しておく。

    ポイント2:
    素材ごとに、ダウンロードした日付を記録しておく。

    ポイント3:
    素材ごとに、ダウンロードした際の購入金額を記録しておく。

    ポイント4:
    素材ごとに、ダウンロードしたサイト画面のキャプチャーを残しておく。

     

    これらの点を記録しておかなければ、画像やイラスト素材をホームページやWebサイトに利用した後に、第三者の著作権者があらわれて著作権侵害を理由に損害賠償等を請求された場合に、自社で素材をどのような経緯で取得したのが主張できず、敗訴してしまうことになるので注意が必要です。

    この点については、冒頭であげた(東京地方裁判所平成27年4月15日判決)が参考になりますので、以下でご紹介します。

     

    東京地方裁判所平成27年4月15日判決のご紹介

    事件の概要

    この事件は、画像やイラストの素材ダウンロードサイト大手の「株式会社アマナイメージズ」が、運営するダウンロードサイトに掲載されている画像を、大阪市内の法律事務所のWebサイトに無断で使用されたとして、法律事務所に損害賠償を請求した事件です。

     

    裁判所の結論

    裁判所は、アマナイメージズの主張を認め、被告の法律事務所に対し、著作権侵害に基づく損害賠償を命じました。

     

    裁判での被告側の主張内容

    この事件で被告となった法律事務所は、「画像は、Webサイト上のフリー素材を使用したものだ」と主張しました。

    そして、第三者が株式会社アマナイメージズのダウンロードサイトからダウンロードした画像素材をフリー素材としてWebサイト上に流出させたために、被告が「フリー素材である」と誤信して使用したのであって、アマナイメージズに著作権がある素材であることを知らずに使用したことについては、被告に過失がないから損害賠償は認められないと主張しました。

     

    裁判所の判断内容

    被告側の主張に対する裁判所判断は以下の通りです。

     

    裁判所の判断1:

    まず、裁判所は、「Webサイト上のフリー素材を使用した」とする被告の主張を認めませんでした。

    これは、被告が、どのWebサイトから、いつ、写真を取得したのかについて全く主張ができなかったことが理由と考えられます。

     

    裁判所の判断2:

    次に、裁判所は、「仮にフリーサイトから入手したものだとしても、識別情報や権利関係の不明な著作物の利用を控えるべきことは、著作権等を侵害する可能性がある以上当然である。」と判断しました。

     

    このことから、ダウンロードサイトから入手したなど、入手経緯から著作権侵害のリスクがあると判断できる場合は、利用者は、入手した画像やイラスト素材を使用する前にその素材の著作権について調査を行う義務があるとするのが裁判所の考え方であることが理解できます。

    また、素材ダウンロードサイトからダウンロードしたフリー素材の画像やイラスト素材を使用する場合には、「ダウンロードサイトのURL、ダウンロードの日付、購入金額、ダウンロード画面のキャプチャー」等を記録しておくことが必要であることがわかります。

    著作権侵害のトラブルは、ホームページやWebサイトでの素材の掲載をはじめてから、ずいぶん後になって発生することもあり、このような記録がなければ、著作権侵害を主張された際に、どこで素材を入手したか主張して反論することができません。

    この記録は、画像やイラストの素材ダウンロードサイトの利用においては、必ず行うべき重要なポイントになりますので、おさえておきましょう。

     

    ▼画像やイラストの著作権について弁護士に今スグ相談したい方は、以下よりお気軽にお問い合わせ下さい。

    「咲くやこの花法律事務所」のお問い合わせページへ。

    【お問い合わせについて】

    ※個人の方からの問い合わせは受付しておりませんので、ご了承下さい。

     

    4,まとめ

    今回は、ホームページ制作やWebサイト運営に素材ダウンロードサイトのフリー素材などの画像やイラスト素材を利用する際の著作権に関する注意点についてご説明しました。

    画像やイラスト素材のダウンロードサイトには、「場合によっては第三者の著作権を侵害している素材が混じっているリスクがあること」、「ダウンロードした画像やイラスト素材について記録、確認しておくべきポイントがあること」について理解していただけたと思います。

    自社のホームページやWebサイトやWebメディアに画像やイラストのダウンロードサイトの素材を利用されている会社は、これらのポイントを担当者にお伝えいただき、必要な記録、確認を徹底しておきましょう。

     

    5,咲くやこの花法律事務所の著作権分野の解決実績

    咲くやこの花法律事務所では、著作権、著作者人格権の分野について、企業のご相談者から多くのご依頼をいただき、解決を実現してきました。

    以下で、咲くやこの花法律事務所の実績の1つをご紹介していますのでご参照ください。

     

     

    6,咲くやこの花法律事務所なら「画像やイラストなど著作権について、こんなサポートができます!」

    咲くやこの花法律事務所の弁護士ならこんなサポートができます

    最後に、「咲くやこの花法律事務所」で企業のご相談者からの著作権の相談について行っているサポート内容をご紹介したいと思います。

     

    (1)素材サイトの利用、その他著作権に関連するご相談
    (2)他社から著作権侵害のクレームを受けた場合の対応のご相談
    (3)著作権に関する契約書の作成、リーガルチェックのご相談

     

    以下で順番に見ていきましょう。

     

    (1)素材サイトの利用、その他著作権に関連するご相談

    「咲くやこの花法律事務所」では、以下のような著作権に関連するご相談を多数承っています。

     

    ●素材サイトの素材の利用が著作権侵害にならないかどうか
    ●素材サイトの利用規約について注意すべき点がないかどうか
    ●自社で使用予定の画像やイラストなどの著作物について、他人の著作物と類似して他人の著作権を侵害していないかどうか

     

    著作権トラブルに精通した弁護士による相談により、著作権侵害のリスクの程度を明確に把握することができます。

    著作権についての微妙な事案の判断は、専門的な知識が必要です。そして、特に自社が他社の著作権を侵害してしまうと多額の損害賠償責任を負う危険もあり、自己判断は危険です。

    お困りの企業様は、「咲くやこの花法律事務所」のサポートを気軽にお問い合わせください。

    咲くやこの花法律事務所の著作権に強い弁護士による素材サイト利用などに関する相談の弁護士費用例

    ●初回相談料:30分5000円+税(ただし、顧問契約の場合は無料)

     

    (2)他社から著作権侵害のクレームを受けた場合の対応のご相談

    「咲くやこの花法律事務所」では、万が一、他社から著作権侵害のクレームを受けた場合についても、その対応方法に関するご相談を承っております。

    著作権トラブルに精通した弁護士が、著作権侵害にあたるかどうかの判断を行い、クレーム解決までの道筋を明確に示します。
    また、ご相談後に相手との交渉を弁護士にご依頼いただくことも可能です。

    咲くやこの花法律事務所の著作権に強い弁護士による著作権侵害に関する対応の弁護士費用例

    ●初回相談料:30分5000円+税(ただし、顧問契約の場合は無料)
    ●交渉着手金:15万円+税~

     

    なお、著作権侵害の判断基準や、侵害の場合の賠償交渉のポイントについては以下の記事をご参照ください。

    イラストや画像の著作権侵害の判断基準は?どこまで類似で違法?

    記事原稿や画像の無断転載、著作権侵害の損害賠償額の目安と交渉ポイントを弁護士が解説!

     

    (3)著作権に関する契約書の作成、リーガルチェックのご相談

    Web制作やシステム開発、動画制作、イラスト制作など著作権に関連する契約をする場合は、著作権や著作者人格権について正しく契約書に記載することが、まずは重要になります。

     

    ▶参考:著作者人格権とは?

    著作者人格権とは?わかりやすく解説

     

    また、そのほかにも以下のような項目が重要です。

     

    ●制作する著作物の内容についての取り決め
    ●納品した制作物の修正要望についての対応限度の取り決め
    ●納品物に第三者の素材やプログラムを利用する場合の取り決め
    ●制作代金の支払いを確保するための取り決め
    ●契約が途中で解除された場合の支払いに関する取り決め

     

    契約書に不備があると、いつまでも納品物の修正を求められたり、あるいは、契約が途中で解除された場合にそれまでの作業についての費用を支払ってもらえないなど、制作会社に大きな不利益が発生します。

    これらのトラブルは、契約書がひな形を安易にそのまま使っただけの形式的なものであった場合に、多く発生しています。

    トラブルを防止するためには、オリジナルの制作契約書の作成や、クライアント側から提示してきた契約書案のリーガルチェックを弁護士に依頼することが必要です。

    咲くやこの花法律事務所では、著作権に精通した弁護士が随時相談を承り、これまで解決してきたご依頼の経験も活かして契約書の作成やリーガルチェックを適切迅速に行なっています。

    ウェブサイトや動画、イラストなどの制作契約書について不安がある方は、ぜひ咲くやこの花法律事務所にご相談ください。

    およその費用の目安は以下の通りです。

    咲くやこの花法律事務所の著作権に強い弁護士による著作権に関わる契約書作成やリーガルチェックの弁護士費用例

    ●初回相談料:30分5000円+税(ただし、顧問契約の場合は無料)
    ●契約書作成費用:5万円~10万円程度
    ●契約書リーガルチェック費用:3万円程度~

     

    なお、著作権が関連する契約書については以下の記事でも解説していますので、あわせてご参照ください。

    弁護士が作成する著作権譲渡契約書。安易な雛形利用が危険な解説付。

    システム開発やWebサイト制作を外注する際のおさえておくべき著作権の重要ポイント

     

    7,著作権の相談に強い「咲くやこの花法律事務所」の弁護士へのお問い合わせ方法

    咲くやこの花法律事務所の著作権に強い弁護士による画像やイラストのフリー素材など、素材サイトのダウンロード素材に関する著作権相談をはじめ、著作権関連のサポート内容は、「著作権に強い弁護士」のこちらのページをご覧下さい。

    また、今すぐのお問い合わせは以下の「電話番号(受付時間 9:00〜23:00)」にお電話いただくか、メールフォームによるお問い合わせも受付していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

    ※個人の方からの問い合わせは受付しておりませんので、ご了承下さい。

    「咲くやこの花法律事務所」のお問い合わせページへ。

    【お問い合わせについて】

     

    8,画像やイラストなどの著作権についてお役立ち情報も配信中!無料メルマガ登録について

    企業法務に役立つ無料のメールマガジン「咲くや企業法務.NET通信」

     

    9,フリー素材の画像やイラストに関連するその他の著作権お役立ち情報

    今回の記事では、「ホームページ制作やWebサイト運営に素材ダウンロードサイトからダウンロードしたフリー素材などの画像やイラストを利用する際の注意点」についてご説明しました。

    著作権に関しては、今回ご紹介したように正しい知識を理解した上で画像やイラストのダウンロード素材を使用しなければならず、方法を誤ると重大な著作権侵害トラブルに発展したりなど、大きなトラブルにつながる可能性もあります。

    著作権に関しては、以下にお役立ち情報をまとめておきますので、合わせてご覧下さい。

    著作者人格権とは?わかりやすく解説

    ネットの画像や原稿を引用する際の正しい方法【著作権侵害に注意】

    イラストや画像の著作権侵害の判断基準は?どこまで類似で違法?

    記事原稿や画像の無断転載、著作権侵害の損害賠償額の目安と交渉ポイントを弁護士が解説!

    弁護士が作成する著作権譲渡契約書。安易な雛形利用が危険な解説付。

    システム開発やWebサイト制作を外注する際のおさえておくべき著作権の重要ポイント

     

    また、今回のような著作権に関連することなどについては、著作権の相談実績が豊富な弁護士による顧問弁護士サービスもございます。

    以下も参考にご覧下さい。

    顧問弁護士サービスについて顧問契約、顧問料など詳しくはこちら

     

     

    記事作成弁護士:西川 暢春
    記事更新:2018年2月13日

  • シェア
  • ツイート
  • はてブ
  • Google+
  • LINEで送る
  • 自社の「労務トラブル」発生の危険が、今スグわかる。労務管理チェックシート無料プレゼント!

    同じカテゴリの関連記事を見る

    他のカテゴリから記事を探す

    情報カテゴリー

    ご覧になりたい「カテゴリーをクリックしてください」

    企業法務に役立つ無料のメールマガジン「咲くや企業法務.NET通信」

    ソーシャルメディアで
    最新情報をチェック!

    • facebook
    • twitter
    • twitter

    お問い合わせ状況

    昨日のお問い合わせ件数5
    今月のお問い合わせ件数48
    顧問実績140社 以上!企業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

    企業法務の取扱い分野一覧

    企業法務に強い弁護士紹介

    西川 暢春 代表弁護士
    西川 暢春(にしかわ のぶはる)
    大阪弁護士会、近畿税理士会/
    東京大学法学部卒
    小田 学洋 弁護士
    小田 学洋(おだ たかひろ)
    大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
    池内 康裕 弁護士
    池内 康裕(いけうち やすひろ)
    大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
    片山 琢也 弁護士
    片山 琢也(かたやま たくや)
    大阪弁護士会/京都大学法学部
    堀野 健一 弁護士
    堀野 健一(ほりの けんいち)
    大阪弁護士会/大阪大学
    荒武 宏明 弁護士
    荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
    大阪弁護士会/大阪大学文学部
    渕山 剛行 弁護士
    渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
    大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
    弁護士紹介一覧へ

    運営サイト

    中小企業や士業(社労士・税理士)のための労務セミナー情報サイト
    弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube

    弁護士会サイト

    大阪弁護士会
    企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET遠方の方のご相談方法