従業員の給与減額を検討する場合の注意点についての弁護士アドバイス
企業向け法律講座ブログ

従業員の給与減額を検討する場合の注意点についての弁護士アドバイス

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 2013年09月12日

    今回は、会社の経営状態がよくなく、経営改善のために給与の減額を検討しなければならない場合のお話をしたいと思います。

     

     

     経営改善のために給与の減額を検討する場合、その目的は人件費の負担を減らすことにあります。

     そして、結論から言うと、人件費の負担を減らすためには、給与を減額するのではなく、従業員の一部を解雇し、あるいは退職させて、人数を減らすことで対応したほうがよいことがほとんどです。

     

     

     

    その原因はふたつあります。

     

     1つは給与を減額する方法でカットできる人件費はごくわずかで、それだけでは通常は会社の経営を立て直すことはできないということです。

     

    たとえば、月給30万円の従業員の給与を3割カットすると21万円になります。しかし、これでは子どもがいる家族や、共働きでない家族は、生活ができなくなります。

    もしぎりぎり生活ができたとしても、従業員のモチベーションは大きく下がってしまうでしょう。

    これに対し、3割の従業員に退職してもらう、あるいは解雇するということは、弁護士に相談して進めれば、十分に可能です。

     

     

     

    2つ目は、給与を減額することは法的にかなり難しいということです。

     従業員の給与を減額するためには、原則として書面で個々の従業員から同意してもらうことが必要です。

    口頭で説明して了解してもらったという話を聴くこともありますが、法的には通用しません。

    また、労働組合がある会社では、労働組合との協約によって給与を下げる方法もありますが、実際には労働組合がある会社はわずかです。

     

     

    これに対して、従業員の数を減らすことは、必ずしも従業員の同意は必要ありません。

    まずは従業員に経営の厳しい現状を説明して退職してもらうことを目指すのがよいですが、もしどうしてもそういうやり方では目標とする人件費の削減に届かない場合、従業員を一方的に解雇してしまう方法があります。

    もちろん、解雇をすると、不当解雇だと言われて裁判になるケースもゼロではありません。

    しかし、会社が本当に人件費を削減しなければならないのであれば、あとは弁護士に相談して正当な方法で退職者を募集し、あるいは解雇を進めれば、裁判所も不当解雇とすることはありません。

     

    また、残った従業員には、選ばれて残ったという良い意味での優越感をもってもらい、会社再建に取り組んでもらいましょう。

    給与を下げて全員を残すよりはずっとうまくいくはずです。

     

     

    人件費を減らさなければならないとき、給与を減額することで対応しようとするケースが多いです。

    しかし、まず、どのくらいの人件費を減らさなければならないのかを考えてみましょう。

    会社の経営を立て直せるだけの人件費の削減をするためには、給与を減額するという方法では難しい場合がほとんどです。

     

     

    時代の変化で事業に余剰人員が出てしまうのはやむを得ないことです。

    人件費が過大になり経営の再建が必要になったときは、できるだけ早期に思いきったリストラをすることが企業を救います。

     

     

     

    給与の減額や人件費の削減でお困りの経営者の方は、ぜひ咲くやこの花法律事務所にご相談ください。

     

     

     

    ご相談はhttps://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

    また、顧問契約をご希望の経営者の方の面談も随時行っております。

    https://kigyobengo.com/contactからお申し込みください。

    なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

    https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

     

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

    企業法務の取扱い分野一覧

    お問い合わせ状況

    昨日のお問い合わせ件数3
    今月のお問い合わせ件数62

    企業法務に強い弁護士紹介

    西川 暢春 代表弁護士
    西川 暢春(にしかわ のぶはる)
    大阪弁護士会、近畿税理士会/
    東京大学法学部卒
    小田 学洋 弁護士
    小田 学洋(おだ たかひろ)
    大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
    池内 康裕 弁護士
    池内 康裕(いけうち やすひろ)
    大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
    片山 琢也 弁護士
    片山 琢也(かたやま たくや)
    大阪弁護士会/京都大学法学部
    堀野 健一 弁護士
    堀野 健一(ほりの けんいち)
    大阪弁護士会/大阪大学
    荒武 宏明 弁護士
    荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
    大阪弁護士会/大阪大学文学部
    渕山 剛行 弁護士
    渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
    大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
    弁護士紹介一覧へ

    メディア掲載情報

    メディア掲載情報/フジサンケイビジネスアイ 「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
    メディア掲載情報一覧へ

    書籍出版情報

    「働き方改革」いよいよスタート!企業がやるべき〈直前〉実務対応

    著者:弁護士 池内 康裕
    発売日:2019年03月05日
    出版社:清文社
    ページ数:52ページ
    価格:400円

    書籍出版情報一覧へ

    運営サイト

    中小企業や士業(社労士・税理士)のための労務セミナー情報サイト
    弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube

    弁護士会サイト

    大阪弁護士会
    企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET遠方の方のご相談方法