遅刻常習者に対する制裁、対策について
企業向け法律講座ブログ

遅刻常習者に対する制裁、対策について

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 2014年11月12日

    遅刻が常習化している社員に対して、会社としてはどのような対応ができるでしょうか。

    遅刻が多いと、会社は実質的にその従業員を戦力としてとらえることができず、業務に重大な支障が生じます。

    また、遅刻常習者に対してなにか制裁を加えなければ、組織としてしめしがつかないということもあります。

    企業が遅刻常習者に対して、対応を考える場合に注意しなければならないのは、まず、重要なのは、「放置してはならない」ということです。

    裁判例の中には、会社が遅刻に対して十分な注意をせずに放置していたことを理由に、遅刻常習者に対する解雇を不当と判断したものがあります。

    注意しなければ放置したと言われてしまうのも疑問ですが、裁判の現実を踏まえて対応していく必要があります。

    では、「放置していた」と裁判所から言われないために具体的にどうすればよいかというと、まずは、「遅刻届」の提出を義務付けることです。

    「遅刻届」には「遅刻理由」も必ず記載させましょう。

    そして、遅刻が続くときは、取締役あるいは本人の上司が本人を個室に呼んで、本人に遅刻が繰り返されていることを指摘して、事情を聴きます。

    そのうえで、戒告などの懲戒処分を検討し、本人には始末書の提出を命じます。

    このような懲戒手続はおおげさだというように思ってしまい、二の足を踏みがちですが、懲戒処分は、会社が遅刻に対して厳格な態度で臨むという会社の意思表示です。

    そして、裁判所は、解雇する前に、解雇より軽い懲戒処分を会社がしていたかを注目しています。

    きちんと懲戒処分と始末書を文書で残しておくことが必要です。

    遅刻への対応で、次に重要なポイントは、「いきなり解雇してはならない」という点です。

    裁判所は本人に反省の機会を与えることなく、解雇したというのを非常に嫌います。

    たとえば、神田運送事件という事件で、東京地裁は、1年間に欠勤72日、遅刻早退99回の従業員が解雇された事案で、裁判所は、会社がそれまで欠勤や遅刻早退についてなんらの制裁や警告もしていないのに解雇したことは、「過酷」だとして、不当解雇だとして会社を敗訴させています。

    このように、会社は遅刻常習者に対しても、解雇する前にまずは解雇より軽い制裁、警告をして、反省・改善の機会をあたえなければならないとされています。

    その意味でも、前述のようにまずは「戒告」などの軽い懲戒処分をし、さらに遅刻が繰り返されるようであれば徐々に懲戒処分を重くし、最終的には解雇するという流れになります。

     

    このように、かなり丁寧な対応をしていかなければ、従業員側から不当解雇であるとして訴えられた時に対応に困ることになりますので、注意が必要です。

     

    遅刻常習者、その他問題社員の対応や勤怠の管理のトラブルでお困りの企業様はぜひ早めにご相談ください。

    労働問題に強い企業側弁護士が経営者の立場にたって問題を解決します。

    弁護士法人咲くやこの花法律事務所では、会社と従業員のトラブルについて経営者の側の立場で御相談をお受けしています。

    従業員とのトラブルでお困りの方は咲くやこの花法律事務所にご相談下さい。

     

     この記事を読んでいただいた方にお勧めの記事はこちらです。 ▼

    ○ 従業員同士の喧嘩と会社の責任 https://kigyobengo.com/blog/2985

    ○ 労働問題でお困りの方はこちら http://roumubengo.com/

    ○ ご相談はこちらから https://kigyobengo.com/contact

    ○ ブログの一覧はこちらから  https://kigyobengo.com/blog

     

    ご相談は

    https://kigyobengo.com/contactから気軽にお申し込みください。

    顧問契約をご希望の経営者の方の面談を随時行っておりますので、

    https://kigyobengo.com/adviser からお申し込みください。

    なお、このブログの内容はメールマガジンによる配信も行っております。

    https://kigyobengo.com/mailmagazinにメールマガジン登録フォームを設けておりますので、ぜひご登録をお願いいたします。

     

  • ツイート
  • シェア
  • はてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
  • 業法務に特に強い弁護士が揃う 顧問弁護士サービス

    企業法務の取扱い分野一覧

    お問い合わせ状況

    昨日のお問い合わせ件数6
    今月のお問い合わせ件数57

    企業法務に強い弁護士紹介

    西川 暢春 代表弁護士
    西川 暢春(にしかわ のぶはる)
    大阪弁護士会、近畿税理士会/
    東京大学法学部卒
    小田 学洋 弁護士
    小田 学洋(おだ たかひろ)
    大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科
    池内 康裕 弁護士
    池内 康裕(いけうち やすひろ)
    大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部
    片山 琢也 弁護士
    片山 琢也(かたやま たくや)
    大阪弁護士会/京都大学法学部
    堀野 健一 弁護士
    堀野 健一(ほりの けんいち)
    大阪弁護士会/大阪大学
    荒武 宏明 弁護士
    荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
    大阪弁護士会/大阪大学文学部
    渕山 剛行 弁護士
    渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
    大阪弁護士会/大阪大学法学部法学科
    弁護士紹介一覧へ

    メディア掲載情報

    メディア掲載情報/フジサンケイビジネスアイ 「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。
    メディア掲載情報一覧へ

    書籍出版情報

    「働き方改革」いよいよスタート!企業がやるべき〈直前〉実務対応

    著者:弁護士 池内 康裕
    発売日:2019年03月05日
    出版社:清文社
    ページ数:52ページ
    価格:400円

    書籍出版情報一覧へ

    運営サイト

    中小企業や士業(社労士・税理士)のための労務セミナー情報サイト
    弁護士法人咲くやこの花法律事務所 YouTube

    弁護士会サイト

    大阪弁護士会
    企業法務のお役立ち情報 咲くや企業法務.NET遠方の方のご相談方法